ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 複数拠点のサーバー管理を一元化するHPEの新サービス

複数拠点のサーバー管理を一元化するHPEの新サービス

複数拠点のサーバー管理を一元化するHPEの新サービス

2022年12月02日更新

多拠点のサーバー管理を実現するHPEのサービス

新新サービス発表

 10月24日、日本ヒューレット・パッカード(HPE)は、サーバーの統合管理を実現するクラウドサービス「HPE GreenLake for Compute Ops Management」の提供を開始した。本サービスは、クラウドプラットフォーム「HPE GreenLake edge‐to‐cloudプラットフォーム」を通じて提供される。顧客のHPEサーバーの導入・監視・管理を行うクラウドの管理コンソールで、世界の各拠点のサーバーの一元管理が可能だ。

 日本ヒューレット・パッカード コアプラットフォーム事業統括 サーバー製品本部 カテゴリーマネージャー 日野 創氏は、HPE GreenLake for Compute Ops Managementの提供背景を次のように語る。「提供背景に、顧客が抱える三つの課題があります。一つ目はサーバーの利用方法と環境の多様化です。現在、従来のデータセンターでは、大量のサーバーリソースを効率的に管理できていません。そのため、顧客から新しいサーバー管理の方法を求められていました。二つ目は中堅・中小企業のIT投資の限界です。専任の管理者による継続的なサーバー管理ができなかったり、管理サーバーを用意できなかったりする現状があります。三つ目はエッジ環境の多拠点化です。多拠点に分散したサーバーの管理コストがかさんだり、拠点ごとに担当者を置けなかったりするケースがあります。こうした課題を解決するべく、当社はHPE GreenLake for Compute Ops Managementを発表しました」

サーバー管理の負荷を軽減

HPE GreenLake for Compute Ops Managementによって、顧客はHPEが提供するクラウドからサーバーの管理が可能になる。これにより管理サーバーの購入コストの削減や、運用の手間の軽減につながる。最後に日野氏は、「管理サーバーを管理・運用する『管理のための管理』から顧客を解放します」と意気込みを語った。

キーワードから記事を探す