ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 複雑なデータベース移行の負担と時間を削減するサービスを紹介

複雑なデータベース移行の負担と時間を削減するサービスを紹介

複雑なデータベース移行の負担と時間を削減するサービスを紹介

2022年02月01日更新

AWS TRAINING COURSE
---LESSON 13---

複雑なデータベース移行の
負担と時間を削減する
AWS DMSとAWS SCT

データベースの移行ではデータベースの停止許容時間はどの程度なのか、無停止での移行が必要なのか、移行方式はどうするのか、スキーマオブジェクトやSQLの変更は必要なのかといった移行の調査検討段階から本番移行の実施まで、膨大な工数を要することが多くあります。今回はこのような複雑なタスクが求められるデータべース移行を支援するAWSのサービスとして「AWS Database Migration Service(AWS DMS)」と「AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT)」を紹介します。

データベースのデータ移行を支援する
AWS Database Migration Service

講師:
アマゾン ウェブ サービス ジャパン
パートナーアライアンス統括本部
ストラテジックSI技術部
松尾 亮氏

 ハードウェア更改やオンプレミスからクラウドへの移行の際に「データベースの中身のデータをどのように移行するのか」「データ移行に伴う停止時間を最小限にしたい」「ソースデータベースとなる既存の本番環境に影響を与えたくない」といった課題や要望が生じます。これらに応えるのが「AWS Database Migration Service(AWS DMS)」です。

 それではAWS DMSの主な特長やメリットを紹介していきましょう。

●最小限のダウンタイム

 AWS DMSでは事実上ダウンタイムなしでAWSへの移行を行えます。ソースデータベースで行われる全ての変更は、ターゲットデータベースに継続的にレプリケートされ、移行プロセスの間もソースデータベースは完全に利用可能な状態に保たれます。

 またデータベースの移行完了後においても、ターゲットデータベースとソースデータベースを同期させておくことができるため、並行稼働など十分な動作確認を行った上で都合のよいタイミングで切り替えを行うことができます。

●ソースデータベースに影響を与えず簡単に利用開始

 ソースデータベースに対して追加のドライバーやアプリケーションをインストールする必要はほとんどなく、AWSマネジメントコンソールから数クリックで開始できます。移行プロセスに関わる複雑な手順はAWS DMSによって管理されます。同様のシンプルな方法によって、このサービスを継続的なデータレプリケーションにも活用できます。

●低コスト

 AWS DMSでは移行プロセス中に使用したコンピューティングリソースと、追加ログのストレージに対してのみ料金が発生します。テラバイトサイズのデータベースの移行にかかったコストはわずか3米ドルという実績もあります。

 またデータベースをAmazon Aurora、Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、Amazon DocumentDB(MongoDB互換)に移行する場合は、AWS DMSを無料で6カ月間利用することができます。

●異種データベース間の移行サポート

 OracleからOracleといった同種間のデータベース移行だけではなく、OracleやMicrosoft SQL Serverなどの商用データベースからAmazon Auroraなど、異なるデータベース間の移行もサポートします。さらにリレーショナルデータベース以外にも、NoSQLやS3など、さまざまなソースとターゲット間のレプリケーションをサポートしています。

スキーマオブジェクトやSQL変換を支援する
AWS Schema Conversion Tool

 「商用データベースから移行してコスト削減したいけど、どの程度のSQLやオブジェクトの変換が必要になるか分からない」という悩みを、AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT)が解決します。

 AWS SCTはソースデータベースのオブジェクト(テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ、ファンクションなど)の大部分を、自動的にターゲットデータベースと互換性のある形式に変換します。自動的に変換できない項目に関しては、変換するための推定時間を評価レポートに出力します。推定時間の分類は別掲の評価レポートのサンプル画面を参照してください。

*   *   *

 今回紹したAWS DMSとAWS SCTのほかにも、Amazon Aurora PostgreSQL互換エディションでMicrosoft SQL Server用アプリケーションの実行を可能とする「Babelfish for Aurora PostgreSQL」や、難易度の高いデータベースオブジェクトやアプリケーションの移行作業を定額でAWSが請け負う「Amazon Database Migration Accelerator」などのサービスも提供しています。

 このようにAWSではデータベース移行に関するニーズを解決できるサービスを、豊富に提供しています。

https://www.pc-webzine.com/rd/aws2202/

キーワードから記事を探す