ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 快適な会議環境づくりに役立つ大型モニターやプロジェクターが登場

快適な会議環境づくりに役立つ大型モニターやプロジェクターが登場

快適な会議環境づくりに役立つ大型モニターやプロジェクターが登場

2022年12月05日更新

快適な会議環境づくりに役立つ新商品が発売された。例えば、表示画面の上に重ねて書き込み可能な75Vインチの大型モニターや、照明が明るい会議室などでも見やすい映像を投映できるプロジェクターなどがある。これらのハードウェアは、オフィス環境での訴求力のある会議、プレゼンの助けとなるだろう。
※価格は全て税込

4K相当の解像度でスクリーン投映

EB-PU1008B

エプソン販売
オープンプライス

 エプソン販売は4K対応のプロジェクター「EB-PU1008B」を発売した。3枚の液晶パネルを使って全白とカラーの明るさを両立する「3LCD方式」を採用しており、会議、プレゼンなどにおける提案力の強化につながる色再現性の高い映像を映し出せる。X線やCTなどのグレースケール画像の陰影を忠実に再現する「DICOM SIMモード」を搭載し、医療現場のカンファレンス時に活用できる。本体サイズは幅545×奥行き436×高さ164mmで、従来製品「EB-L1490U」と比較して27%縮小した。ファンノイズを40db未満に抑えた設計で、講演、会議などの静音性が要求される場面での使用にも適している。

電力の供給状況が一目で分かる

BS-GUL2016PT

バッファロー
5万7,200円

 バッファローは0〜50度までの温度環境で動作が可能なPoEスイッチ「BS-GUL2016PT」を発売した。最大供給電力量に近くなると本体のLEDが点灯、点滅する「PoE Limit LED」を搭載。PoE給電できる機器の台数の上限を点灯の有無で区別するため、PoE機器の接続作業が容易になる。最大183Wの大容量給電が可能で、高出力給電が必要な無線アクセスポイントや、ネットワークカメラの複数台接続にも対応する。ACアダプターが不要な内蔵電源を採用し、ケーブルの煩雑化を回避する。空冷ファンによる冷却が不要なファンレス設計で、ホテルの廊下や会議室など、動作音が気になる場所への設置も可能だ。

独自技術でタッチ品質を向上

PN-L752B

シャープ
オープンプライス

 シャープはWeb会議、オフィスサイネージ、ホワイトボードなど多彩な用途で利用できる75Vインチタッチモニター「PN-L752B」を発売した。ホワイトボードやワイヤレス接続などの機能をアイコンで一覧表示するUI「IWBランチャー」により、使いたい機能をタッチするだけで直接アクセス可能だ。タッチ位置のずれを最小限にする独自技術「Pen-on-Paper」を搭載し、意図したポイントへ正確に操作を反映できる。表示画面の上にタッチペンで重ねて書き込み、画像として保存する「透明ボード」機能を活用すれば、ディスカッションで挙がった修正点を簡単に反映できる。

レーザー光源による鮮明な映像

PT-LMW460J

パナソニック コネクト
オープンプライス

 パナソニック コネクトは、起動後1秒で投映開始できるプロジェクター「PT-LMW460J」を発売した。パナソニック独自のレーザー光源である「SOLID SHINEレーザー」搭載により、4,600lmの明るさを実現し、プレゼン資料や映像を鮮明に投映する。台形のゆがみを補正可能な「自動台形補正」機能や、四隅のゆがみを補正できる「垂直/水平コーナー補正」機能など、さまざまなスクリーン調整に対応する。内蔵したセンサーで環境照度を測定し、明るさをリアルタイム補正する「デイライトビューベーシック」機能を搭載し、照明が明るい会議室などの環境でも見やすい映像を投映可能だ。

手のひらサイズで持ち運びやすい

AT-CSP1

オーディオテクニカ
オープンプライス

 オーディオテクニカはハンズフリーで通話可能な小型USBスピーカーフォン「AT-CSP1」を発売した。本体重量は約100g、幅67×奥行き67×高さ30mmの手のひらサイズで、デスクに設置しても邪魔になりにくい。軽量な本体はオフィス、自宅への持ち運びにも便利だ。全方位の音を拾う「360度無指向性エレクトレットマイクロホン」を内蔵。40mmのスピーカーユニットを搭載し、クリアで聞きやすい音質で通話可能だ。エコーの発生原因となる、スピーカーから出る音がマイクに回り込むのを低減する「エコーキャンセラー」機能を搭載し、スムーズな双方向の通話を実現する。

来製品から耐久性を2倍向上

MFC-J5800CDW

ブラザー販売
オープンプライス

 ブラザー販売は、次世代インクジェットプリンティング技術「マキシドライブ」を搭載したインクジェット複合機「MFC-J5800CDW」を発売した。従来製品「MFC-J6999CDW」では約15万ページだった耐久性が約30万ページにまで向上し、廃インクパッドの交換頻度を低減する。A4カラー、A4モノクロ共に約30ページ/分の高速印刷に対応し、印刷の待ち時間を短縮し、オフィスの作業効率アップに貢献する。A4用紙を最大100枚まで保持できる排紙トレイを備え、大量印刷時も用紙回収の手間を軽減できる。印刷物のインク濃度を調節する「エコモード」を搭載し、インク消費量の低減が可能だ。

キーワードから記事を探す