ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 機能追加で容易にシステムアップデート「KouTei STARTER」

機能追加で容易にシステムアップデート「KouTei STARTER」

機能追加で容易にシステムアップデート「KouTei STARTER」

2022年06月30日更新

導入後の課題解決で継続的に操作性をUP

KouTei STARTER

スノーピークビジネスソリューションズ
個別見積

 最小限の構成で始めて、機能追加で容易にシステムアップデートできる工程管理ソリューション「KouTei STARTER」を提案する。

 KouTei STARTERでは、製造業の工程管理、在庫管理や棚卸しで使われるハンディターミナル(別売)を活用する。各工程での作業データをハンディターミナルから収集し、 データベースへ蓄積していく仕組みだ。ハンディターミナル内のデータは無線LAN経由でスピーディーにPCに送信できる。これにより、作業実績のリアルタイムな確認とデータ化が可能だ。パッケージソフトのように初めから多くの機能を搭載していない、シンプルな機能構成になっているため、トライアルで使い始められる。

 どんなユーザーでも問わず使えるよう、見やすく操作性の高いExcelベースのUIを採用している。またデータの加工や分析を行う場合も考慮して、Excel形式での出力機能も搭載。柔軟にカスタマイズも行えるため、システム移行もしやすい。

 品番マスター・工程マスター・担当者マスターなど各種マスターの登録・修正・削除にも標準で対応している。取得済みのマスターがある場合は、容易にデータコンバートを行える。品番マスター画面から、選択した品番の指示書番号をバーコードラベルとして印刷することも可能だ。

 KouTei STARTERは、課題解決の手法として「3STEP方式」で提供している。現時点で顕在化している緊急課題と、導入中の課題、導入後に予測される課題を共有・分類して3段階のフェーズに分けてシステム構築を進める。最小限の機能に絞った目的別のデータ管理システムベースでスタート、導入して出てきた課題に対して機能を付加していくため、無駄がなく、導入後も使い勝手を向上させられるソリューションだ。

キーワードから記事を探す