ホーム > PC-Webzineアーカイブ > セキュリティ対策を強化できるセキュリティスイッチやプリンターが登場

セキュリティ対策を強化できるセキュリティスイッチやプリンターが登場

セキュリティ対策を強化できるセキュリティスイッチやプリンターが登場

2022年04月05日更新

働き方が大きく変わったことで、サイバー攻撃を受けることを前提にしたゼロトラストセキュリティの考え方が注目されている。しかし、既存のオフィス環境でゼロトラストベースのセキュリティ対策ができている企業は少ない。社内ネットワークの常時監視を行うセキュリティスイッチや、印刷文書のパスワード設定が可能なプリンターを提案し、顧客のゼロトラストセキュリティの実現に貢献しよう。
※価格は全て税込

レシートの紙詰まりを防止

CT-E601

シチズン・システムズ
オープンプライス

 シチズン・システムズは、上方用紙排出モデルのラインサーマル方式レシートプリンター「CT-E601」を発売した。印刷用紙の丸まりを抑える「アンチカール機能」を備えており、印刷後にレシートを取り出しやすい。排紙口での用紙の歪曲を検知する「ペーパージャムセンサー」を搭載しているため、紙詰まりを軽減でき、レシートの破断などを防げる。カバーは「ハンドル型開閉レバー」を採用し、片手での開閉が可能で、スムーズな用紙交換を実現する。消毒液によって本体の掃除が行える耐薬品仕様となっており、アルコールやオキシドールでの拭き取りが可能だ。

4K映像の投映を実現

PT-FRQ50J

パナソニック
オープンプライス

 パナソニックは、5,200lmの輝度を実現した業務用プロジェクター「PT-FRQ50J」を発売した。画素を垂直・水平方向にシフトさせる「クワッドピクセルドライブ」技術により4K映像の投映が可能だ。輝度優先の「ダイナミック」モードと発色優先の「グラフィック/スタンダード」モードを備え、コンテンツに適した投映モードを選択できる。多数のレーザー素子からなるモジュールを複数個実装した「マルチレーザードライブエンジン」を採用し、一部の素子に不具合が生じても輝度を落とさず投映を続けられる。最大24時間の連続稼働に対応し、デジタルサイネージにも活用可能だ。

手袋でも操作可能

LT-HA10B/CAMW1

ロジテックINAソリューションズ
16万2,800円

 ロジテックINAソリューションズは、バッテリーレスの10.1インチPC「LT-HA10B/CAMW1」を発売した。バッテリーの経年劣化がなく、長期間の使用が可能だ。手袋でも操作可能なタッチパネルを搭載し、操作モードを切り替えずに手袋での画面操作ができる。本体正面に200万画素のフロントカメラを備え、工場での出退勤を管理する顔認証用のモニターとしても利用可能だ。本体正面は防塵・防滴規格「IP65」に準拠し、背面はUSBポートガードを使用することで「IP41」に準拠するため、食品工場などの水濡れが懸念される現場や、工事現場などの粉塵が舞う場所でも使える。

常時監視で有害な通信を遮断

BP-X1PL01

シャープ
オープンプライス

 シャープは、クラウド管理型のセキュリティスイッチ「BP-X1PL01」を発売した。社内ネットワークに組み込むことで、常時通信状況を監視できる。サイバー攻撃を検知すると発信元の端末を素早く特定し、有害な通信のみをネットワークから遮断する。これにより、社内ネットワークのセキュリティ被害を抑制できる。クラウド上の統合管理システムで本製品の稼働状況を常時モニタリングし、異常発生時にはメールで通知するため、マルウェアの侵入などに素早く気付ける。脅威の検出状況や数値をグラフ化して通知する「自動セキュリティレポート作成機能」により、詳細な被害状況を把握可能だ。

厚さ7mmの冊子をスキャン

fi-8190

PFU
23万1,000円

 PFUは、免許証などのプラスチックカードが読み取れるイメージスキャナー「fi-8190」を発売した。給紙時の用紙分離力が最適になるよう制御する「自動トルク制御」技術を採用し、100枚の原稿を一度にセットしても重送せずに排紙できる。手差しで用紙をセットする「手差し・単送モード」ではA3二つ折り用紙の読み取りに対応し、通帳など厚さ7mmまでの冊子もキャリアシート不要で読み取れる。紙詰まり音を検知し搬送を止める音検知技術「iSOP」と用紙の傾きが一定範囲を超えると搬送を止める「画像監視」を組み合わせた「原稿保護機能」を搭載し、紙詰まりによる用紙の破損を防げる。

機密文書をセキュアに出力

RICOH P C6000L

リコー
オープンプライス

 リコーは、LEDヘッド採用のA3カラーレーザープリンター「RICOH P C6000L」を発売した。印刷文書に4~12桁の英数字パスワード設定に対応し、それを入力した上で出力する「プライベートジョブ印刷」機能を搭載する。この機能により、機密文書をセキュアに出力できる。1ページのデータを最大16枚の用紙に分割して拡大印刷を行えるため、簡易ポスターの作成などに活用可能だ。手差しトレイでは幅55mmから長さ1,320.8mmまでの用紙サイズの印刷に対応し、プライスカードから長尺POPの印刷まで行える。60万ページの高耐久設計を実現し、出力枚数が多い場合でも長期間使用できる。

キーワードから記事を探す