ホーム > PC-Webzineアーカイブ > バッファローが提供するWebカメラ「BSW500MBK」で盗撮防止

バッファローが提供するWebカメラ「BSW500MBK」で盗撮防止

バッファローが提供するWebカメラ「BSW500MBK」で盗撮防止

2020年06月30日更新

プライバシーシャッターで盗撮防止

200万画素Webカメラ マイク内蔵 広角モデル「BSW500MBK」
バッファロー
オープンプライス

 プライバシーシャッターやWebカメラ拡張ソフトウェアに対応した「200万画素Webカメラ マイク内蔵 広角モデル『BSW500MBK』」(以下、BSW500MBK)を提案する。

 BSW500MBKは、水平視野角約120度の広角レンズを搭載している。4~6人向けの会議室でWeb会議をする場合、モニターに搭載されているWebカメラなどでは角度によっては手前の人が見切れてしまう可能性がある。本製品であればそうした場面でも広範囲を映せる。

 カメラのレンズ部分には、開閉式の「プライバシーシャッター」を搭載している。万が一のハッキングによる盗撮や、カメラの電源を消し忘れたことによる情報漏えいの防止に役立つ。また、使用している時以外にプライバシーシャッターを閉めておくことでレンズの汚れや傷も防ぐことができる。

 モニターなどWeb会議で使う端末に音声入力がサポートされていなかったら、マイクを別途用意する必要も出てくる。BSW500MBKでは、Webカメラ本体にマイクが内蔵されているため、別途マイクを用意しなくても手軽にWeb会議を始められる。

 付属のWebカメラ用拡張ソフトウェア「CyberLink YouCam6 BE」をダウンロードすることで、Web会議により便利な機能を活用できる。顔を登録することでPCに自動ログインできる「フェイスログイン」では、会議を行う管理者などがWeb会議端末で会議を行う際、顔認証でログインすることなどが可能だ。動き検出技術でセキュリティシステムとして使用できる「監視モード」では、会議用モニターなどの不正利用を防げる。Microsoft PowerPoint資料とWebカメラ画像を合わせたプレゼンテーションビデオの作成も可能なので、プレゼンテーションにも活用できそうだ。

キーワードから記事を探す