ホーム > PC-Webzineアーカイブ > テレワーク状況をサポートするセキュリティソリューションが登場

テレワーク状況をサポートするセキュリティソリューションが登場

テレワーク状況をサポートするセキュリティソリューションが登場

2020年06月02日更新

テレワークが推進される状況では、より強固にセキュリティ対策を施す必要がある。メール送信元の認証機能に対応したメールセキュリティ製品やハイブリッドクラウドを保護するセキュリティアプリケーションが有効だ。
※価格は全て税込

輝度や階調の数値を微調整

ColorEdge PROMINENCE CG3146

EIZO
オープンプライス

 EIZOは、4KHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」を発売した。1,000cd/㎡の輝度表示を測定できるキャリブレーションセンサーを本体上部に内蔵している。12G-SDIを1ポート、3G-SDIを3ポート搭載した。SDI出力端子を備えた撮影用カメラと直接接続できるため、撮影現場での映像確認に有効だ。本体前面に「調整ダイヤル」を装備しており、画面の輝度や階調などの設定値を微調整可能だ。設定値を一時的に変更した場合の見え方をプレビュー表示できる「Quick Check」機能にも対応し、実際の表示と照らし合わせながらの作業が可能だ。

ハイブリッドクラウド管理に対応

Kaspersky Security Center バージョン12

カスペルスキー
「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」10ライセンス:11万4,730円~
「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」10ライセンス:18万6,340円~※

 カスペルスキーは、統合セキュリティ管理アプリケーション「Kaspersky Security Center バージョン12」を発売した。管理対象サービスとして新たにGoogle Cloudに対応した。Web管理コンソールで管理できるアプリケーションは、従来製品の「Kaspersky Endpoint Security for Windows」と「Kaspersky Endpoint Security for Linux」に加え、新たに「Kaspersky Endpoint Security for Mac」も管理対象に加わった。Windows製品のセキュリティアプリケーションであるKaspersky Endpoint Security for Windowsのディスク/ファイルの暗号化機能も、Web管理コンソールから管理できる。
※Kaspersky Security Centerは、「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」または「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」のライセンスを購入することで利用可能。

省電力モードに対応

GH-LCT24B-BK

グリーンハウス
オープンプライス

 グリーンハウスは、23.6インチワイドタッチモニター「GH-LCT24B-BK」を発売した。静電容量式のタッチパネルセンサーを採用し、シングルタップ、ドラッグ、ズーム、回転などの操作に対応する。92万画素のWebカメラを搭載しており、別途Webカメラを購入する手間が省ける。本製品は、視野角上下左右178度を採用。角度による色やコントラストの変化が少ない画像表示を実現する。省電力モードに対応する「パワーマネージメント機能」では、0.5W以下にまで消費電力を抑えられる。VESA規格「FPMPMI」に対応しており、VESA規格に対応しているアームを取り付ければ壁掛けも可能だ。

送信元を偽装したメール攻撃を防止

「m-FILTER」Ver.5.40

デジタルアーツ
10~29ライセンス:1万780円

 デジタルアーツは、メールの送信元認証機能を向上させたメールセキュリティ製品「『m-FILTER』Ver.5.40」を発売した。送信ドメイン認証技術「SPF/DKIM」および「DMARC」に対応し、送信ドメイン判定によって送信元を偽装したメール攻撃を防止する。Emotetなどのなりすまし型の攻撃メールをはじめ、悪質メールの82%に利用される旧形式のWord/Excelファイルを添付したメールを隔離する機能も搭載した。メール本文に記載された短縮URLやCGIなど判別しにくいデータに対しては、リダイレクトされたURLの最終アクセス先が悪性の場合のみメールを隔離できる。

25~70mm幅のラベルを印字

LP-700SA

マックス
25万800円

 マックスは、感熱ラベルプリンター「LP-700SA」を発売した。フルカラーの4.3インチタッチモニターを搭載しており、PC不要で食品表示ラベルの作成が可能だ。モニターは加圧式に対応しており、手袋を着用した状態でも利用可能だ。指定した枚数のラベルを自動でカットする「オートカット機能」を搭載。数枚ごとにまとめてカットできるため、ラベルを紛失しにくい。プリンターヘッドに「3インチヘッド」を備えており、25~70mm幅のラベルを印字可能だ。焼き菓子の詰め合わせや弁当・総菜など、原材料の記載が多い場合や栄養成分表示の記載にも対応する。

タスク依頼で報・連・相

ELGANA

エヌ・ティ・ティネオメイト
月額/1ID:330円

 エヌ・ティ・ティネオメイトは、ビジネスチャットサービス「ELGANA」を発売した。連絡頻度の多いユーザーを登録できる「マイコンタクト機能」を搭載している。期限を設けて簡潔にタスクを依頼できる「報告・連絡・相談ツール」も備え、会議やイベントの出席確認など漏れのない報・連・相が可能だ。管理者はユーザーを登録・削除できるので、アカウントの不正利用を防止できる。また、利用端末の把握や、承認端末のみの限定利用などによりシャドーITの防止にも役立つ。インシデント発生時には、利用ログから不正利用の解析ができ、チャットのセキュリティ保護に有効だ。

キーワードから記事を探す