ホーム > PC-Webzineアーカイブ > ネットワークカメラと接続して監視可能なモニターが登場

ネットワークカメラと接続して監視可能なモニターが登場

ネットワークカメラと接続して監視可能なモニターが登場

2020年03月03日更新

映像をビジネスに活用する動きが活発だ。イベントの集客分析で利用できる、数千人規模の人数を映像からカウントするソフトウェアや、ネットワークカメラと直接接続して管理可能な監視用モニターなど、さまざまな製品が登場している。
※価格は全て税込

ウィンドウ配置を自動復元

Dell Eシリーズ E2420H 23.8インチワイドモニター

デル
1万8,678円

 デルは、ビジネス向け23.8インチワイドモニター「Dell Eシリーズ E2420H 23.8インチワイドモニター」を発売した。従来製品「E2417H」と同様、ブルーライトを最大60%カットできる「ComfortView」機能を搭載している。本製品では、ディスプレイ管理ツール「Dell Display Manager」(DDM)の機能を改善した。デスクトップ上のアプリケーションの並べ方をレイアウトできる「Easy Arrange機能」でアプリケーションを画面に敷き詰めるように並べたり、2つのウィンドウを左右対称に配置したりが可能だ。本機能で配置したウィンドウの場所を記憶する「自動復元機能」も利用できる。

メリハリのある色表示に対応

ProLite XB3270QS-2

マウスコンピューター
オープンプライス

 マウスコンピューターは、31.5インチのワイドモニター「ProLite XB3270QS-2」を発売した。スタンドは最大100mmの高さ調節と上下3~22度のチルト調節、左右各45度のスウィーベルに対応。2,560×1,440と高解像度で、フルHDの約1.7倍の領域を表示できる。80,000,000:1で高コントラスト比を実現する「ACR」(Advanced Contrast Ratio)機能により、メリハリのある色表示にも対応する。モニターの応答速度を5段階で調整できる「オーバードライブ回路機能」も搭載した。最速4msecまで応答速度を上げられるため、動画表示時に残像感が少ない映像を表示可能だ。

PoE+対応で4Kカメラに給電可能

GS348PP

ネットギアジャパン
7万2,600円

 ネットギアジャパンは、小規模オフィス向けスイッチングハブ「GS348PP」を発売した。PoE+給電に対応し、4Kネットワークカメラ・VoIP電話機・無線アクセスポイントなど、全48ポート中24ポートまで給電できる。ネットワークを拡張して複数のデバイスと接続する場合の設定も不要だ。省電力型イーサネット規格のIEEE 802.3azに対応しており、電力とコストを削減できる。通信機器の間で対応している規格や通信モードの違いを自動的にすり合わせ、最適な設定を行う「オートネゴシエーション」に対応しており、スイッチとエンドポイントの自動接続が可能だ。

ネットワークループを自動で無効化

BS-GU2108P

バッファロー
2万2,880円

 バッファローは、ビジネス向けアンマネージスイッチングハブ「BS-GU2108P」を2月上旬に発売した。PoE規格であるIEEE 802.3afに8ポート対応した。ネットワークカメラや無線LANアクセスポイントなど複数台の機器を同時に給電できる。ネットワークループを検知し、該当ポートを自動的に無効化する「ループ防止」機能を搭載している。また、接続しているポートで電源がオフになっているポートの電力供給を自動で制限する「おまかせ節電NEXT」に対応。「EEE」ボタンも搭載し、データが送られていないポートの電力供給を制限する「アイドリングストップモード」も利用可能だ。

ネットワークカメラと連携して監視

DuraVision FDF2711W-IP

EIZO
オープンプライス

 EIZOは、セキュリティ向け27インチIPモニター「DuraVision FDF2711W-IP」を発売した。LANケーブルでネットワークカメラと直接接続して撮影映像をリアルタイムで表示できる。ネットワークカメラは最大48台まで登録でき、32台まで映像の同時出力が可能だ。解像度は1,920×1,080に対応。非常時にモニターやネットワーク機器が行うアクションを設定できる「イベント通知機能」も搭載した。例えば、不審者の侵入をネットワークカメラが検知した場合、カメラの映像をモニター上でズームアップさせるなど、デバイスと連携して監視システムを構築できる。

数千人を映像からカウント

People Counter Pro

キヤノンマーケティングジャパン
個別見積

 キヤノンマーケティングジャパンは、イベントの来客者数を高精度に検出し、カウントできる映像解析ソフトウェア「People Counter Pro」を発売した。従来製品「People Counter」で提供されていた「エリア人数カウント」や「通過人数カウント」を引き続き搭載している。今回新たに、数千人規模の人数をカウントできる「群衆人数カウント」と人数カウントしたデータをグラフ化する「Data Dashboard」を追加した。Data Dashboardでは、複数のカメラでそれぞれカウントしたデータを一つのダッシュボードにグラフ化できる。

キーワードから記事を探す