ホーム > PC-Webzineアーカイブ > レイアウトが異なる帳票の読み取りにも対応するPFU

レイアウトが異なる帳票の読み取りにも対応するPFU

レイアウトが異なる帳票の読み取りにも対応するPFU

2019年10月30日更新

OCR機能搭載のスキャナーで業務効率を向上させたい!

業務効率を向上させるため、ペーパーレス化を進めている企業も多いだろう。しかし、ペーパーレスで業務を行うためには、電子化した書類の管理フローなど、一手間かける必要が出てくる。その一手間を解消し、スムーズに業務で活用するために、OCR(光学文字認識)対応のスキャナーとソフトウェアの組み合わせを導入したい。

バーコードで書類分類を自動化

 紙の書類を電子化できるスキャナーは、もはやビジネスに欠かせない存在だ。しかし、スキャンしたデータの仕分けに手間がかかり、十分な管理や活用ができていない企業も少なくないだろう。

 そこでおすすめしたいのが、OCRに対応したスキャナーと、その情報をもとに自動でファイル管理をしてくれるようなソフトウェアを組み合わせた活用だ。読み取った書類の文字列を自動で認識して分類してくれれば、それだけ事務作業の業務効率が向上できる。

 例えば医療現場では、紹介状や患者の手書き同意書など、患者情報の管理が煩雑になっているケースがある。電子カルテ化が進む医療現場において、これらの紙の書類をスキャンして電子カルテにひも付けられれば、管理も容易になる。

 そこで、OCRを活用した仕分け機能が役に立つ。仕切り紙にバーコード情報を付与して、各患者の書類の先頭に配置すれば、フォルダーや一つのPDFに自動仕分けしてくれるスキャナーとソフトウェアの組み合わせだ。医療現場の書類管理が効率化でき、業務効率の向上につなげられる。

手書き帳票もスムーズに読み取り

 OCRによる業務効率化は流通の現場でも有効だ。例えば運送会社では、配達後にドライバーが持ち帰った受領票をスキャンして電子化を行うケースがある。この受領票に記載されたバーコードには問い合わせ番号が記載されているため、スキャナーでこのバーコードを認識してファイル名に自動付与できれば、配達確認の問い合わせにもスムーズに対応できる。

 手書きでの記入が中心の帳票管理でも、OCRが効率化を実現する。手書きや活字を含めた多くの文字種に対応し、項目名から読み取り位置を特定して認識するソフトウェアであれば、レイアウトが異なる帳票もスムーズに読み取り可能になる。

 もちろんOCRによる文字認識をスムーズに行うためにはスキャナー側の性能の高さも重要になる。スキャンスピードや対応用紙サイズなど、ユーザー企業の業務利用に適したドキュメントスキャナーを提案したい。

 今回は、PFU、エプソン、キヤノンマーケティングジャパンの3社に提案してもらった。

受領した紙伝票を電子化して自動読み取り

FUJITSU Image Scanner fiシリーズ
DynaEye 10
PFU
fiシリーズ
fi-7900:120万9,600円~
fi-7300NX:15万1,200円~
DynaEye10:メーカー問い合わせ

 大量の紙をスピーディに電子化できる業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」と、高度な文字認識を実現する業務用OCRソフトウェア「DynaEye 10」の組み合わせを提案する。

 fiシリーズは、高速かつ安定した給紙技術と、高画質・自動補正で正確に読み取る光学技術を採用している。また、紙詰まりを防止する制御技術や、最適なイメージデータを生成する画像処理技術、OCR技術などを搭載し、業務で発生する原稿を電子化する用途に適したドキュメントスキャナーだ。

 申込書やさまざまな帳票類を各部署・支店などで分散的に入力するワークフローでの利用に最適なコンパクトモデル、膨大な紙資料を集中的に入力する特定業務に適した高耐久モデル、窓口での本人確認業務に最適なフラッドヘッドモデルなどをラインアップする。

 DynaEye 10は、手書き、活字、マーク、バーコードなどの多くの文字種に対応したOCRソフトウェアだ。項目名から読み取り位置を特定して文字認識する方式に対応しており、取引先によってレイアウトが異なる帳票も手軽に読み取れる。高度な画像処理技術によって、網掛けや白抜き文字、印影などが含まれる帳票読み取りにも対応する。そのため、請求書や注文書など、紙帳票からのデータ入力作業を効率化できる。RPAや外部アプリケーションと組み合わせれば、データ入力業務の自動化を実現可能だ。

 fiシリーズとDynaEye 10を組み合わせることで、紙で受領した伝票の業務システム入力処理を大きく効率化できる。受領した紙伝票をfiシリーズでスキャンし、業務システム入力に必要な記載項目をDynaEye 10で自動読み取りできる。読み取り結果のファイルはRPAツールなどを利用して業務システムに入力することで、業務の効率化が図れるのだ。

キーワードから記事を探す