ホーム > PC-Webzineアーカイブ > プライム・ストラテジーが提供するUX体験を高めるCMS用仮想マシン

プライム・ストラテジーが提供するUX体験を高めるCMS用仮想マシン

プライム・ストラテジーが提供するUX体験を高めるCMS用仮想マシン

2019年07月29日更新

Azure基盤で展開するCMS用仮想マシンが
企業Webサイトのユーザー体験を大きく高める

企業が自社のWebサイトを構築し、情報発信を行うことは不可欠だ。しかし、昨今ではただWebサイトを公開しただけでなく、ユーザー体験(UX)を重視したWebサイトでなければ、企業側も、また顧客側も最適なベネフィットを得られなくなっている。それではユーザー体験を向上させる上ではどういったポイントが重視されるのだろうか。

Lesson1 企業Webサイトに求められる三要素

 企業のWebサイトに求められるユーザー体験とは何か。大手検索サイトであるGoogleが重視しているユーザー体験は、大きく「優良なコンテンツ」「高パフォーマンス(表示速度の速さ、安定性)」「高セキュリティ」の三つで構成されている。裏を返せば、これらのユーザー体験をサポートできていないWebサイトは検索上位に表示されなかったり、Webサイトにアクセスされてもすぐに離脱してしまったりするということだ。

 上記のようなユーザー体験の向上を実現する上でプライム・ストラテジーが提案しているのが、世界標準CMS「WordPress」と、Microsoft Azure(以下、Azure)用のWordPressが高速に動作する無償の仮想マシンイメージ「KUSANAGI for Microsoft Azure」の組み合わせだ。

 プライム・ストラテジーはWordPressのマネージドサービスとインテグレーションサービスを得意とするクラウドインテグレーターだ。標準のWordPress実行環境と比較して10~15倍前後高速にWordPressを実行できるVMベースのWordPress実行環境として高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を提供しており、特にエンタープライズ領域におけるWebサイトやWebサービスに対して高速化、信頼性、安定性、安全性を実現している。作業指示や業務報告までの一連のフィールドサポート業務の迅速化と効率化を実現できる。また、Azure IoT Suiteを活用して機器からセンサーデータを取得し、事前の故障検知を行うことも可能だ。

Lesson2 WordPressの弱みを専用の高速仮想マシンで解消

 WordPressはSEO(検索エンジン最適化)や、SMO(ソーシャルメディア最適化)、MFI(モバイルファーストインデックス:モバイルデバイス対応)などに優れたCMSだ。豊富なプラグインやテーマが用意されており、開発コストも低いメリットがある。しかし動的CMSの構造上、表示速度が遅くなりがちであったり、アップデートが必要になったりといった弱みがある。オープンソースでサポートが基本的に存在しないため、Webサイトの運用者としてはトラブル発生時の不安が残るのもネックだ。

 そこでプライム・ストラテジーが提供しているのが高速でセキュアなKUSANAGI for Microsoft Azureだ。KUSANAGIはWordPressを高速・セキュアに動作させるための構成済み仮想マシンイメージで、キャッシュが存在しない管理画面の表示速度も、標準環境と比較して10~15倍高速に表示される。またキャッシュがある通常のWebページは数千倍高速に表示されるなどパフォーマンスが高いのが特長だ。

 KUSANAGIを利用することでWordPressのセキュリティも強化できる。ビジネスで必須とされているWebシステム用のセキュリティ対策がほぼ全て標準実装されているほか、WordPressのダッシュボードにセキュリティ情報を表示して安全性を高めている。また、WordPressの更新を自動化し、セキュリティホールの発生を防止できる。

Lesson3 Azure基盤で急激なアクセス負荷にも対応する

 このKUSANAGIをMicrosoft Azure上で利用できるのがKUSANAGI for Microsoft Azureだ。クラウドを活用することで、よりパフォーマンスの高い環境で利用できるほか、セキュリティも強化する。加えて、昨今では企業だけでなく政府情報システムにおいてもクラウド・バイ・デフォルト原則が適用されており、企業や公共機関のWebサイトプラットフォームとして採用されやすい。

 プライム・ストラテジーの西牧八千代氏は「日本マイクロソフトと当社との協業の歴史は長く、2010年ごろからセミナーの協業開催を開始し、日本マイクロソフトのISVパートナーおよびCSPパートナーとして活動してきました。KUSANAGI for Microsoft Azureの提供は2015年7月からスタートし、2016年1月から国内本格展開を開始した『Microsoft Azure Marketplace』において国内企業の登録第1号となっています。現在ではマイクロソフトのクラウドサービスを販売・展開する実績を証明する商号『Gold クラウド コンピテンシー パートナー』を獲得しており、マイクロソフトのクラウド提案には大きな強みを持っています」と語る。

 実際にWordPressと同社のKUSANAGI for Microsoft Azureを組み合わせることで、大きな効果を上げた事例はいくつもある。例えばメルセデス・ベンツではPV数を重視する中で、急激なアクセス集中が発生した場合はシステムが不安定になるといった課題を抱えていた。しかしプライム・ストラテジーのソリューション提案により安定稼働を実現でき、精力的な情報発信を行ったことでPV数も3.5倍に増加したという。

Lesson4 Azureの安定性とブランド力が高い訴求力を生む

 企業だけでなく、学校現場でもユーザー体験に優れたWebサイトはニーズが高い。例えば東京工科大学では学内者専用サイトを構築する際に、商用CMSの操作が難しく、Webサイトの更新に数時間かかっており、Webサイト運営者の負担になっていた。WordPressとKUSANAGI for Microsoft Azureの組み合わせで、作業時間が3分の1に短縮できただけでなく、管理画面の表示が高速化され、情報発信が容易になったのだという。

「安定性が高いことで、手離れがよく、また災害時のアクセス集中にも対応できることから事業継続にもメリットがあります」と西牧氏。WordPressとKUSANAGI for Microsoft Azureの組み合わせは、ユーザー体験の向上だけでなく、企業が抱える課題解決にも役立つのだ。これらの事例ではKUSANAGIマネージドサービスも併せて採用しているケースも多く、WordPressの保守やサーバー・ミドルウェアの運用・保守をプライム・ストラテジー側で対応していることも、負担軽減に大きく寄与している。

 また大学などは、学生に対する情報発信や、受験生への合否通知を専用のWebサイトで実施する。毎年必ずアクセス集中する時期があるため、そうした用途にもWordPressとKUSANAGI for Microsoft Azureの組み合わせは有効だ。

 西牧氏は「KUSANAGIはAzureをはじめとした国内外の主要なクラウドプラットフォームに対応していますが、中でもAzureの訴求力が強いのは企業の経営者や管理職層です。大学などではマイクロソフトのブランド力が強く、KUSANAGI for Microsoft Azureを選択するケースが多いですね」と語った。

本日の講師
プライム・ストラテジー マーケティング部・海外事業管掌 取締役CMO 西牧八千代 氏

キーワードから記事を探す