ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 研修に適したeラーニングコンテンツを3社が提案

研修に適したeラーニングコンテンツを3社が提案

研修に適したeラーニングコンテンツを3社が提案

2019年07月31日更新

eラーニングコンテンツで従業員研修を効率化させつつスキルアップを図りたい

従業員のスキルアップを図る研修。時間や場所が制限されがちな集合研修ではなく、eラーニングを利用すればより効率的な学習が可能になる。学ばせたいジャンルに応じてeラーニング製品を選定したい。

充実したコンテンツで学ぶ

 企業研修でeラーニングを採用するケースが増加している。集合研修と比較して場所や時間を問わずに学習が可能なeラーニングは、教材の印刷費や研修場所に向かうための交通費などのコスト削減でもメリットがある。

 eラーニングを導入する場合、一般的なのは企業向け研修のeラーニングコンテンツを提供しているコースを契約するパターンだ。コンテンツは専門の著者が執筆しているケースが多いため、分かりやすく信頼性が高い。

 複数の研修を自由に受講できる定額制のコースを契約すれば、従業員自身が自発的に学びたい内容を受講できるため、さらなるスキルアップにつなげられるだろう。

 学習成績や進捗状況、修了履歴などを管理者が確認できる点もメリットが高い。学んだ内容がしっかりと身に付くのだ。

 半面、集合研修と比較して学習者のモチベーションを保つことは難しいと言われている。なかなか受講しない学習者に対して、受講を促すサポートが組み込まれたeラーニングを選択するとよいだろう。

企業に合わせた学びも必要

 eラーニング導入のもう一つのパターンは、自社で教材を用意して研修を実施するものだ。例えば自社製品を提案する営業ノウハウなど、既存のeラーニングコンテンツでは対応できないケースも存在する。そうしたとき、自社でeラーニング教材を作れたら、自社のビジネスに最適な学びを提供しつつ、従業員の効率的なスキルアップが図れるだろう。

 例えば、Officeソフトを使用してeラーニングコンテンツが作成できれば、管理者の負担も大きく低減できる。既存の研修で利用していたデータを、そのままeラーニングに転用可能だからだ。Officeソフトで作成したファイルであれば情報の更新もしやすい。

 タブレットで研修を受けられるかといったポイントも重要だ。特に営業職などは、外回りが多いためオフィスで腰を落ち着けて研修することが難しい。タブレットに対応したツールが利用できれば、隙間時間に新しいスキルを身に付けられる。

 今回は、エクセルソフト、ジェーエムエーシステムズ、ネットラーニングの3社に製品を提案してもらった。

充実したeラーニングコンテンツをPowerPointで作成

iSpring Suite 9
エクセルソフト
ライセンス形態変更のため未定

 PowerPointで作成したプレゼンテーションから、HTML5コンテンツを簡単に生成できるオーサリングツール「iSpring Suite 9」を提案する。iSpring Suite 9をインストールすると、PowerPointのアドインとしてツールバーが追加され、PowerPointから直接変換を実行できる。

 iSpring Suite 9を活用すれば、PowerPointで作成したスライドを、簡単にeラーニング用のコンテンツとして出力可能だ。PowerPointで設定したレイアウトやアニメーションなどのエフェクトを維持したまま、ナレーションや映像を埋め込んで、表現力豊かなeラーニングコンテンツを作成できる。MP4への変換にも対応しているため、より効果の高い動画付きの学習コンテンツとして、eラーニング教材を作成可能だ。

 既存の動画から動画付き学習コースを作成できるビデオナレーション機能や、顧客の対応方法や、効果的な交渉方法などをロールプレイから学べる対話式シミュレーション機能なども搭載しており、研修内容に合わせて効果的なeラーニングコンテンツが作れる。

 eラーニングに不可欠なテスト問題の作成にも対応している。クイズ作成ツール「iSpring QuizMaker」が同梱されており、オリジナルデザインのクイズやアンケートを作成できる。ドラッグ&ドロップによる演習問題なども作成でき、より実際の業務に近いかたちで知識の習得を確認できるのだ。

 HTML5コンテンツとして出力できるため、Windows PCのみならず、iPhoneやiPad、Androidなどからも閲覧可能だ。企業の人事部から教育機関まで、さまざまな現場での活用が進んでいる。

使い慣れたWindowsタブレットで円滑に研修

seap for Windows
ジェーエムエーシステムズ
540円(1ユーザー/月額)

 ビジネスでニーズの高いアプリケーションをオールインワンで提供する「seap for Windows」を提案する。

 seap for Windowsはモビリティの高いWindows 10タブレットや2in1端末をフル活用できる三つのアプリケーションが用意されている。一つ目は商品紹介カタログや教材配信などに活用できる「カタログ/ファイル共有」、二つ目は点検チェックリストや展示会などのアンケートで活用できる「チェックリスト/アンケート」、三つ目は多様な出題方式・試験方式に対応する「ラーニング/研修」だ。スマートデバイスの法人利用でニーズの高い三つのアプリケーションをテンプレート化することで、自社専用のアプリケーションを簡単に作成・利用できる。

 コンテンツ作成者はeラーニングコンテンツの作成や集計にかかる工程負荷が削減でき、使いやすい専用アプリケーションによって受講者の受講率、理解度の向上が見込める。

 コンテンツ管理画面にはWebブラウザーからアクセスできる。テキスト入力とドラッグ&ドロップの簡単な操作でコンテンツを登録可能で、システムやデザインの知識がなくても運用できる。

 そのため、例えばチェーン展開している小売店舗の研修において、プリントやDVD(映像)の代わりにseap for Windowsを導入し、カタログアプリケーションで研修資料の配布、ラーニングアプリケーションで理解度テストを実施するといった活用が可能だ。

 Windows 10のタッチ操作に最適化されたネイティブアプリで、ユーザーにとっても使いやすい。業種業態を問わず、さまざまなユーザー企業のタブレット活用基盤として採用が進んでいる。

充実したコンテンツでeラーニング研修を実施

ネットラーニングプラザ
ネットラーニング
7,560円(1~19ユーザー/月額)
1万5,120円(20~99ユーザー/月額)
3万2,400円(100~199ユーザー/月額)
4万8,600円(200~300ユーザー/月額)

 正社員数300名以下の中小企業を対象とした定額制eラーニング研修サービス「ネットラーニングプラザ」を提案する。中小企業対象でありながら、大手企業でも導入している本格的なeラーニングコースを定額制の研修サービスにパッケージ化した。

 ネットラーニングプラザでは多種多様なコースを用意している。全従業員教育、階層別教育、自己啓発などニーズに合わせて利用可能だ。例えば全従業員研修では、毎年最新の内容に合わせてリリースされる個人情報保護や情報セキュリティ研修が用意されており、最新の知識を身に付けられる。階層別研修では、新人向けや管理職向けのコンテンツなどが用意されており、それぞれのキャリアに応じた学びに対応できる。

 eラーニングコンテンツは専門の著者が執筆しており、信頼性が高い。学習者の視点で実践力を養成し、実際の業務にすぐに生かせる学習設計を採用している。具体的には、講座ごとに適切なイラストや実写、動画を使い、バラエティーに富んだ講座構成を採用している。複数講座を受講する場合でも講座構成が異なるため、印象に残りやすく飽きずに学習可能だ。

 学習者の登録や、受講の催促メールなどはネットラーニングがサポートする。そのため、運用・管理者の負担を大幅に軽減できる。受講者はログインページから直接受講するコースを申し込み、即開講できるため、スピーディに研修をスタートできる。管理画面からは受講者の学習成績や進捗状況、修了履歴、受講後のアンケート結果などが確認できる。研修の提供だけでなく、実施の効果まで把握可能だ。

キーワードから記事を探す