ホーム > PC-Webzineアーカイブ > ITを活用した運動習慣で健康経営を支援するavivo

ITを活用した運動習慣で健康経営を支援するavivo

ITを活用した運動習慣で健康経営を支援するavivo

2019年02月14日更新

健康経営の“キッカケ”を作る

Solution. 3 avivo

健康を維持するための最も簡単な方法は、歩くことだろう。そのきっかけを作るのが、活動量計や、歩数を可視化できるアプリの活用だ。健康習慣の意識付けから見えてくるのは、一億総活躍社会の実現の道筋かも知れない。

雇用延長に伴う健康作り

 企業の健康作り活動をトータルサポートしているavivoは、健康支援サービスとして「kickake」というブランド名で、企業や健康保険組合を対象に、健康支援サービスやコンサルティング、イベントの企画や運営などのサービスを提供している。スマートフォン用の無料歩数計アプリと活動量計を組み合わせた「RenoBody 健康管理プログラム」もその一つだ。

 RenoBody 健康管理プログラムについて、同社の代表取締役 降籏大祐氏は次のように語る。「RenoBodyは、歩いた歩数に応じてポイントを貯めたり、ウォーキングを習慣にしたりすることで、健康管理やダイエットに使える無料の歩数計アプリです。ネオスが開発・提供しており、当社は企業向けの販売代理店の位置付けです。RenoBodyは歩数計アプリであり、当社を介さなくても利用が可能ですが、アプリ単体で導入しても健康に対する意識が低い従業員はログインまで結びつかなかったり、コンテンツを有効活用できなかったりします。RenoBodyでは健康保険組合、自治体の健康事業や、企業の健康増進・組織活性化施策の一つとしてクローズドでウォーキングイベントを開催するなど、楽しみながら健康増進に取り組めるため、健康経営の“キッカケ”を生み出すツールとして最適です」

 同社では、RenoBodyと組み合わせて利用する活動量計として、フォッシルジャパンの「MISFIT」を提案している。そもそも同社がこれらのプログラムをスタートしたきっかけには、avivoと同様に愛知県に本社を構える自動車製造メーカーから、健康経営の一貫として「従業員の運動習慣を把握するため、歩数計でビッグデータを集めたい」という要望があったことがある。従業員の人手不足が進む中、雇用期間を延長する企業が増えてきており、要望を受けたメーカーもその一つだった。

 しかし、雇用延長にあたって体力測定などは実施しているものの、従業員の運動習慣や生活習慣までは把握できなかった。そこで、より健康的に長く働いてもらうための取り組みとして、活動量計から歩数や睡眠時間などの情報をクラウドに取り込み、実際に体力がある人はどの程度の運動習慣があるのか、何歩歩いているのかなどのデータの可視化を行うため、導入を決めたのだという。導入当時は独自のクラウドサービスでデータを取得していたが、現在はRenoBodyを活用して歩数のビッグデータ収集を進めている。

avivo 代表取締役 降籏大祐 氏

健康であることがメリットになる仕組み

「RenoBodyでは『N-system』という活動評価レポートが表示できます。研究で明らかになった病気・病態の予防基準値を理解しやすいように可視化した病気予防度評価・データ管理システムであり、RenoBodyと連携することで、アプリで計測した中強度活動時間をもとに、N-systemのレポーティング結果をランキングイベント画面内で確認できるのです。活動評価レポートではデータをもとに、活動スコアや予防できている病気、リスクのある病気が確認でき、健康状態を意識した運動習慣が身に付けられます」と降籏氏。

 RenoBodyによるウォーキングイベントは企業の健康経営だけでなく、健康保険組合でも実施されている。

「健康保険組合に加入している被保険者の考え方として、保険証は使うためにあるという人は少なくありません。しかし、医療費の増大が社会問題となっている中、健康であることにメリットがある仕組みを作る必要があります。前述したイベントでは、一定の歩数を歩いた人に対してギフト券をプレゼントするなどのインセンティブを用意しましたが、こうした活動は企業の健康経営にも応用できます」と降籏氏。

 avivoでは体成分分析や血管年齢測定などの各種測定や、トレーナーを派遣したストレッチ教室、ストレスチェックプログラムなど、企業の健康経営をサポートするプログラムをトータルで提案している。「健康経営を提案したいIT企業に対するコンサルティング支援も対応可能です。従業員の生産性向上を実現するためには、運動習慣を身に付けることが重要だというデータもありますので、今後も企業のアナログな測定から、ITを活用した運動習慣の提案まで、線でつながる事業展開を進めていきたいですね」と降籏氏は語った。

RenoBody の画面。目標歩数に応じた達成率や、歩行距離などが表示される。前日と比較したフィードバックコメントも表示されるほか、目標達成までの活動範囲なども提案してくれる。WAONPOINT と連携すると、歩数に応じてポイントも獲得できる。

キーワードから記事を探す