ホーム > PC-Webzineアーカイブ > AI技術を活用したカラーマネジメントモニターなどを発売

AI技術を活用したカラーマネジメントモニターなどを発売

AI技術を活用したカラーマネジメントモニターなどを発売

2018年12月04日更新

AI技術によってカラーマネジメントを行うモニターが発売されている。モニターの周囲の温度をAIが推定し、画面表示を安定させるのだ。そのほかPCの操作ログを可視化し、RPA開発時の操作手順書を制作するソリューションなど、AIを業務に取り入れて、よりハードウェアの稼働や業務を効率化させる製品が登場しており、AIがビジネスに身近な存在になりつつある。

操作性を追求したハンディターミナル

DT-X400-C21

カシオ計算機
オープンプライス

 カシオ計算機は、3.2インチタッチモニターを搭載したグリップ型のハンディターミナル「DT-X400-C21」を12月に発売する。本体の縦横両軸にラウンド形状を採用しているため、持ちやすくスムーズな操作を実現させた。キートップはドーム状で、キーの識別性が向上した。OSにはAndroid 8.1を採用。屋外利用に適したLTE通信やGPS機能、音声通話に対応している。本体中央と背面、側面にそれぞれスキャンボタンを搭載している。スキャナーの読み取り角度は25度に対応しており、バーコードなどが急な角度にあっても読み取り可能だ。

AI技術で色表示を安定

ColorEdge CG279X

EIZO
オープンプライス

 EIZOは、27インチカラーマネジメントモニター「ColorEdge CG279X」を発売した。映像制作用のHDR表示に対応している。映画や放送の国際規格に準じる専用カラーモードを採用し、幅広いコンテンツの編集・プレビュー確認が可能だ。モニター内部の温度センサーで温度変化をセンシングすると同時に、周囲の温度変化を推定して階調や色度を補正する。本製品ではこの温度推定にAIを活用したアルゴリズムを採用し、より高い精度で周囲の温度を推定する「表示安定化機能」を搭載している。映像制作現場での安定したコンテンツ表示や編集作業が可能だ。

スキャンデータをワイヤレスに保存

ADS-1700W

ブラザー販売
オープンプライス

 ブラザー販売は、2.8インチカラータッチモニターを搭載したドキュメントスキャナー「ADS-1700W」を発売した。本体上面中央のタッチモニターに、よく使う機能のページをホーム画面に設定して操作手順を削減できる。その左部には「カードスロット」を搭載し、運転免許証などカード類の両面読み取りが簡単だ。無線LANに対応しており、スキャンデータをクラウドサービスなどへ簡単に共有できる。「スキャン to Eメール送信」では、PCを使わずに本製品からEメールでスキャンデータを送れる。FTPサーバーや社内の共有サーバーなどにも直接保存が可能。

印字速度127mm/secでスムーズに印刷

MP-B30

セイコーインスツル
オープンプライス

 セイコーインスツルは、3インチ幅のロール紙に対応した感熱モバイルプリンター「MP-B30」を2019年1月に発売する。本体サイズは、幅105×奥行き126×高さ58mm、本体重量は395gと小型軽量だ。印字速度は127mm/secと、従来製品「MP-B20」の印字速度80mm/secよりも高速化した。無線LAN対応機やBluetooth対応機をラインアップし、WindowsやAndroidなどさまざまな端末にワイヤレスで接続できる。ベルトクリップが同梱されており、配達時のレシート発行機や作業現場でのモバイルプリンターなど持ち歩き端末としても利用可能だ。

ネットワーク分離環境でAPI連携を実現

Crossway/データブリッジ Enterprise

NTTテクノクロス
オープンプライス

 NTTテクノクロスは、ネットワーク分離環境下でもリアルタイムでシステム間のAPI連携を可能にする「Crossway/データブリッジ Enterprise」を発売した。本製品は、受付サーバー、データブリッジサーバー、Crossway/データブリッジ Enterpriseライセンスの三つの要素で構成される。受付サーバーを介してネットワークの要求を他方のネットワークのシステムに送信するため、ネットワークが分離された環境を維持しながら、システム連携を実現する。受付サーバーとデータブリッジ本体はUSBケーブルで接続するため、ウイルスの侵入を防げる。

PCの操作ログを記録しRPA制作に活用

NEC Software Robot Solution 業務分析パック

NEC
50万円~/3ヶ月

 NECは、RPA製品「NEC Software Robot Solution」にPCの操作内容を詳細に記録するツールを組み合わせた「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」を12月に発売する。本ソリューションは、PCの操作内容を記録・集計し、ロボット作成時に活用できる作業手順書を自動生成できる。業務の流れや手作業量を可視化しRPA候補作業の抽出にも役立てられる。UiPath社のRPA製品もNECのRPA基盤として新たに追加した。NEC Software Robot Solutionで作成したロボットの動作ログも記録でき、複数ロボットを作成する場合の管理や把握にも有効だ。

キーワードから記事を探す