ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 小売店舗に提案する大判プリンターのポイントは?

小売店舗に提案する大判プリンターのポイントは?

小売店舗に提案する大判プリンターのポイントは?

2018年09月28日更新

店舗でポスターやPOPを印刷できるプリンターを導入したい

一部の小売店舗ではデジタルサイネージの活用が進んでいるが、依然として紙のポスターなどの販売促進コンテンツも需要が大きい。手軽にコンテンツを作れる点や、電源出力が不要でいつでも掲示できる点など、デジタルサイネージにはない魅力があるためだ。今後もデジタルサイネージと紙のポスターは用途に応じた使い分けが進んでいくと予想される。そこで今回は、小売店舗におけるポスター出力に適した製品と、その選定ポイントを紹介する。

ポスター印刷に必要な生産性と表現力を両立

 小売店舗では、セールや商品の情報を掲示するためにポスターやPOPが定期的に必要になる。これらの販売促進コンテンツの出力は、小売店舗側が印刷会社に依頼するケースもあるが、コストがかさんだり、納品までに時間がかかったりするデメリットも存在する。そのため、店舗内でポスターを印刷したいというニーズは大きい。

 そうしたニーズに対応するのが、B0サイズなどの大判印刷に対応する大判プリンターだ。店舗のバックヤードなどに設置しておける大きさながら、ポスターを手軽に出力できる大判プリンターは、セールなどタイムリーな情報を出力するのに非常に役に立つ。

 大判プリンターを提案する上で重要となるのが、色階調や画質のクオリティだ。9色インクを採用した大判プリンターなどを選定することで、なめらかな色階調のコンテンツ出力が可能になる。特に人の肌色の表現など、色の階調や再現性によって印象が大きく左右される。ポスターを目にした消費者に高い訴求力を与えるためには、色階調や画質のクオリティの高さは非常に重要だ。

 印刷速度も重要だ。大規模な店舗の場合、必要となるポスターの数が多く、1枚の印刷にできるだけ時間のかからないプリンターが望ましい。高い生産性と表現力を両立させた製品の提案が求められる。

出力に手間がかからない工夫も必要

 大判のポスターを印刷する場合、セットしている用紙サイズと出力するコンテンツが異なると、余白をカットする手間が発生する。そこで余白をコンテンツのサイズに合わせて自動でカットする機能を搭載したプリンターを提案すれば、店舗側の手間が削減できるためメリットが高い。前述のような余白をカットするには、従来であればカッター台が必要とされていたが、自動でカットできる製品であれば、そのカッター台の設置スペースも削減可能だ。

 店舗で出力するコンテンツは、屋内に掲示するポスターばかりでなく、のぼりや横断幕など屋外に掲示するコンテンツも必要だ。耐候性に優れたインクを採用した大判プリンターを導入すれば、店舗で内製したコンテンツながら長期間屋外で使用可能な販売促進コンテンツを出力できる。

 特に提案の上で重視したいのが、大判プリンター本体の使いやすさだ。小売店舗のスタッフは、IT機器の扱いに詳しい人材ばかりではない。前述したような余白カット機能を搭載していたり、無人連続印刷に対応していたりするようなプリンターならば、どのスタッフでも使いやすく、効率的な販売促進が実現できる。

 今回は、OKIデータ、エプソン、日本HPに店舗利用に最適な大判プリンターを提案してもらった。

 

 

屋内外のコンテンツ印刷に最適な低臭気SXインク搭載

ColorPainter M-64s
OKIデータ
372万6,000円

 高い生産性と、抜群の屋外耐候性を実現した低臭気ソルベントインクジェットプリンター「ColorPainter M-64s」を提案する。

 新開発の7色低臭気SXインクを搭載し、溶剤インクながら低臭気を実現している。SXインクは耐候性に優れており、ターポリンや塩化ビニールシートなどに印刷して屋外に掲示するポスターの出力に最適だ。ラミネート加工なしでも品質の劣化が少なく、長期間同一のポスターを掲示できる。また、SXインクは高発色、高色域、高濃度という特長も備えており、屋外向けポスターだけでなく、屋内に掲示するポスター、POP、電飾看板などに利用できる。

 印刷スピードも速い。大型の高速プリントヘッドと速乾性に優れたSXインクの組み合わせで、64インチ幅メディア使用時に速度優先モードで33.1㎡/hの印刷速度を実現している。SXインクはインク隠蔽率が高くベタ濃度と中間調のディティール表現に優れており、カーラッピングや電飾看板等の出力にも適している。インク使用量を抑えられるため、低ランニングコストも実現できる。

 自動印刷調整機能を搭載しており、往復調整、送り調整が自動で行える。メディアをセットして、自動調整をスタートすれば印刷準備が完了するため、大型プリンターの扱いに不慣れなユーザーでも高品質なコンテンツが印刷できる。また、巻き取り装置を標準装備しているため、印刷面に負荷をかけず確実に巻き取りできる。無人連続印刷も安心して行えるだろう。

 高品質なコンテンツの高速印刷が可能な本製品は、事業拡大を目指す中小規模の看板印刷会社や大判出力ショップなどの中小企業に最適だ。また使いやすいため、小売店舗でのコンテンツ内製などにも活用できる。

 

 

高画質と高生産性を追求した技術を搭載

SC-P10050
エプソン
86万1,840円

 高い表現力と生産性で、高品位領域の厳しい要求に応える大判インクジェットプリンター「SC-P10050」を提案する。

 ノズルからインクを正確な位置に必要な量だけ打ち出す「PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド」を採用し、印刷品質を向上しつつ高速印刷を実現する。エプソンの薄膜ピエゾ方式(Thin Film Piezo:TFP)は、熱を使わず、インクの量を正確にコントロールが可能で、熱による性能の劣化が少ない。耐久性が極めて高く、サーマルヘッド方式のような定期的なヘッド交換が必要ないため、産業用印刷の分野でも十分対応できる。

 インクはブラック、グレー、ライトグレー、ダークグレーの四つのブラック系統インクを含む9色インク「UltraChrome Proインク」を採用し、よりなめらかな色階調を表現できる。色階調がニュートラルに表現できるため、色作りが簡単だ。特にモノクロの色階調がよく、肌の色がしっかりと表現できる。

 用紙送り量変動補正機能と用紙送り左右補正機能を搭載し、安定した紙送りを実現しながら、高い生産性を保持できる。プリンターの天板とホルダーには透明窓がもうけられており、印刷の進行状況と用紙残量を手軽に確認できる。スピンドルを排除し、ロール紙交換がワンタッチでセットできるなど、用紙交換の操作がより手軽に行える。

 フォトクオリティが求められる業務用写真の用途や、高品位な商品訴求パネル、POP、ポスターなど多様な販促コンテンツを印刷する小売店舗にも最適な商品だ。

 

 

多様なサイズを手間なく正寸プリント

HP DesignJet Z6 PS dr V-Trimmer B0モデル
日本HP
96万9,840円

 限られたスペースで高い生産性を発揮する大判インクジェットプリンター「HP DesignJet Z6 PS dr V-Trimmer B0モデル」を提案する。

 本製品は、プリントの左右の余白を自動で切り取る「V-Trimmer」機能を内蔵している。一般的な大判プリンターは、A1サイズのポスターを印刷すると、その左右の余白をカッター台で切り取る必要がある。その余白のカットをプリンターが自動で行うため、プリントするだけで余白のない正寸のポスターを作成できる。

 また、V-Trimmer機能を使用することで、さまざまな幅のロール紙を用意する必要がなくなる。例えばB0幅の用紙を用意しておけば、V-Trimmer機能によりA1やA0などに切り取れるため、用紙を逐次交換することなく正寸でプリントできるのだ。場所を取るカッター台が不要になり、狭い店舗のバックヤードのスペースを節約できる。また単一幅のロール紙のみを調達すればよいため、在庫のスペースとコストも節約できる。

 印刷品質もよい。最新のプリントヘッドテクノロジー「HP High Definition Nozzle Architecture」(HP HDNA)を搭載することで、ライト系のインクをプリンター本体で再現できるようになり、従来は必須であったライトシアンやライトマゼンタなどのインクカートリッジを搭載していない。その結果、6色インクであるにもかかわらず、9色インクと同等の色再現を可能にしている。また、本製品に搭載される新開発のユニバーサルプリントヘッドは、特定の色のヘッドではなく、全ての色に対応できるプリントヘッドだ。予備のためのヘッドを色ごとにそろえる必要がなく、1本だけで済むので在庫コストが削減可能だ。

キーワードから記事を探す