ホーム > PC-Webzineアーカイブ > リコーの「RICOH G800」は撮影したデータ漏洩を防止できる

リコーの「RICOH G800」は撮影したデータ漏洩を防止できる

リコーの「RICOH G800」は撮影したデータ漏洩を防止できる

2018年03月29日更新

撮影したデータの漏洩を防止する

RICOH G800 リコー

10万6,920円


セキュリティ機能を強化した「RICOH G800」を提案する。RICOH G800は防水・防塵・耐衝撃性に優れたタフなデジタルカメラだ。2mの落下テストをクリアした耐衝撃性や、水深5mで2時間の使用が可能なIPX8相当の防水性能、ホコリや砂の侵入を防ぐJIS/IEC防塵保護等級6級相当に対応するなど、ハードな現場作業で使用する際に最適な堅牢性を備えている。また、次亜塩素酸ナトリウムや二酸化塩素水での消毒も可能なので、医療現場や製造ラインでの使用にも対応する。

 本体は手袋をしたままでも操作ができるようにカメラサイズとレイアウトを工夫した。内蔵メモリーを8GB※搭載しているため、SDカードの容量を使い切ったり、SDカードの用意がない環境でも最大1,072枚(最高画像サイズ)撮影できる。

 画像ファイルに対して文字や音声情報を同時記録する機能や、ファイル名変更機能などを備えており、写真管理を効率化できる。また、画像ファイルに対してパスワードによるデータ保護などのセキュリティ機能を強化しており、秘匿性の高いプラントなどの現場写真、開発中の製品写真、個人情報を含む写真など撮影した画像の漏洩や流出を防げる。SDHCタイプとSDXCタイプのSDカードにもパスワードを設定できるため、万が一SDカードを紛失したり、盗難されたりした場合でも画像の流出を防止できる。

 それに加え、カメラ動作、メニュー選択、内蔵メモリー再生、USB接続ロックなどのコントロールが可能な「カメラロック」機能を搭載しており、カメラ動作にロックをかけてパスワードを知らない第三者のカメラ利用を防いだり、USB接続にロックをかけてPCへの画像取り込みを不可能にできるため、不正使用や画像流出を防げる。

キーワードから記事を探す