ホーム > PC-Webzineアーカイブ > ケーブルレスでV R 体験ができるバックパックPC「HP Z VR Backpack G1 Workstation」

ケーブルレスでV R 体験ができるバックパックPC「HP Z VR Backpack G1 Workstation」

ケーブルレスでV R 体験ができるバックパックPC「HP Z VR Backpack G1 Workstation」

2018年01月29日更新

ケーブルレスでVR体験ができるバックパックPC

HP Z VR Backpack G1 Workstation 日本HP

 62万6,400円

 バックパックのように背負えるVR向けワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」(以下、Z VR)を提案する。従来のPCワークステーションでVRを体験する場合、本体とヘッドマウントディスプレイをケーブルで接続する必要があるため、行動の範囲や動作が制限されがちだった。しかし本製品は、人間工学に基づいたバックパック設計を採用したことで、VR空間を自由に動いて没入体験を得られるのだ。

 Z VRの本体はバッテリー駆動で動作し、ヘッドマウンドディスプレイに電源供給が可能だ。Z VRを背負うことで、背中のワークステーションとヘッドマウントディスプレイモニターをケーブルで接続するだけでよいため、ケーブルの制限を受けずに3Dモデルの細部を確認できる。加えてアプリケーションの高速処理を可能にするインテル Core i7 vProプロセッサーを搭載し、GPUに16GBのビデオメモリーを持つNVIDIA Quadro P5200を採用したことで、ストレスを感じずにVRを使用できる。専用のドッキングステーションに装着すればデスクトップワークステーションとしても使用できる。

 背中に背負えるVR対応バックパックPCである本製品は、製造業や建築建設業、さらに文教市場でもデモやトレーニング用途として活用できる。とくに製造や建設設計では、あまり工数をかけることなくデータをVRに流用できるため、余計な開発時間、コストをかけずに設計データの開発からVRでのシミュレーションに至るまで、事業規模問わずに利用できるだろう。建造物の建設開発においては、仮想的に動き回ってみせるウォークスルーでさまざまな確認が行えるなど、より自由度の高いVR体験が可能だ。

キーワードから記事を探す