ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 日本マイクロソフトの 全部入りノートPC「Surface Book 2」

日本マイクロソフトの 全部入りノートPC「Surface Book 2」

日本マイクロソフトの 全部入りノートPC「Surface Book 2」

2018年01月22日更新

新モデルは最上級のパフォーマンス

Surface Book 2

初代モデルに比べて、強力なグラフィクス能力と最長17時間のバッテリー寿命を実現した
新しい「Surface Book 2」は、取り外しできる13.5インチのPixelSenseディスプレイを備えた
ハイパワーの2in1ノートPCだ。ビジネスからクリエイティブまで、幅広くこなす最上級モデルである。

エントリーからハイパフォーマンスまで用意

 Surface Book 2は、約20万円のエントリーモデルから、約40万円のハイパフォーマンスモデルまで豊富なラインアップを用意している。例えば、Windows Mixed Reality Ultraに対応したハイパフォーマンスモデルでは、インテル Core i7 プロセッサーに1TBのストレージと16GBのメモリーを搭載する。また、GPUとしてNVIDIA GeForce GTX 1050を備えている。この高性能なCPUとGPUが、13.5インチ(3,000×2,000)のPixelSenseディスプレイに、高精細なグラフィクスを描き出す。その性能は、ハイエンドなデスクトップPCにもひけを取らない。

 これだけのハイパフォーマンスがあると、高精細なデジタルカメラで撮影した画像の整理から4K動画の編集、ハイパワーなゲームデバイス用途など、さまざまなシーンで活用できる。もちろん、ビジネスにおいてもOffice系アプリの利用から、CADや複雑な構造解析など、ワークステーション級の使い方も可能だろう。そして、この高性能を簡単に持ち運べるのも大きな魅力だ。

 さらに、Surface Book 2らしい特長が、モニター部分を取り外してタブレットのように使えるユーティリティ性能にある。標準的なノートPCとして使えるだけではなく、軽量でパワフルなインテルCore i5/i7タブレットとしても利用できる。また、モニターをひっくり返して取り付けると、スタジオモードやビューモードとしても活用できる。Surface Book 2は、ハイパワーなグラフィクス性能を発揮するために、GPUなどの回路をキーボード側に備えている。そのため、スタジオモードやビューモードにすると、高性能なGPUを使った高精細なグラフィクス表現が可能になる。

Surface Book 2はラップトップモードやスタジオモードなど、四つのスタイルで利用できる。

新しいMacBook Proと比較しても2倍強力

 Surface Book 2の魅力について、日本マイクロソフトでは次のように説明する。

「Surface Book 2は、最新の第7、第8世代インテル Core プロセッサーとNVIDIA GeForce GPU を搭載し(インテル Core i7 モデルのみ)、デザイナーやエンジニアの方などからの負荷の高いニーズにも対応できるパフォーマンスを、軽量コンパクトなボディで実現しました。Surface Book 2は、これまでのSurface Book と比較して最大5倍のグラフィクス性能を提供し、新しいMacBook Pro と比較しても2倍強力です。バッテリー寿命は最大17時間にまでパワーアップし、外出先でも本格的な作業をサポートします。また、Surface Dialのオンスクリーン操作や、Surfaceペンの4,096段階の筆圧感知、ペンの傾き機能にも対応し、プロフェッショナル向けのソフトウェアもより直感的に操作できるようになりました」

 本体の基本性能の高さに加えて、ダイヤルやペンといったデバイスも使えるメリットを日本マイクロソフトでは強調している。ちなみに、Surface Book 2用のペンは、マグネットで本体にくっつくので便利だ。また、ダイヤルがあると、スクロールやジョグ操作などをアナログ的な感覚で操作できるので、編集や閲覧などの作業効率がアップする。

 さらに、日本マイクロソフトでは、Surface Book 2の魅力を次のように続ける。「二つのUSB 3.0ポート、フルサイズSDカードスロットに加え、USB Type-CポートもSurfaceシリーズとして初めて搭載しました。外部モニターとの接続や高速データ転送、手持ちのデバイス充電など、さまざまななシーンに対応できる拡張性を備えたのです。また、ラップトップのパワー、タブレットの柔軟性、そして、ポータブルスタジオ(いつでもどこでもクリエイティブな仕事を行えるポータビリティ)が持つ自由度のすべてを1台のスタイリッシュなデバイスで提供できるので、日々の業務をハイパフォーマンスなデバイスで推進したいビジネスユーザーはもちろん、デザイナー、アーティスト、エンジニアなどのクリエイティブな仕事に従事される方や、高精細なPCゲームやWindows Mixed Realityのアプリなどを楽しむユーザーの方にとっても最適なデバイスです」

インターフェースには、USB 3.0×2,USB Type-C ×1、SDカードスロットなどを揃える。

いわゆる全部入りの1台

 日本マイクロソフトが提供するSurfaceシリーズは、今回のSurface Book 2だけではなく、従来からあるSurface ProやSurface Laptopなど、種類が豊富になってきた。どのSurfaceも、それぞれの利用シーンを想定し、魅力的なデバイス性能を発揮している。その中でもSurface Book 2は、いわゆる「全部入り」の1台といえる。ビジネスにもクリエイティブにも、さらにゲームやMRにも、すべてを1台で行いたいと考えている欲張りで意識の高いユーザーにとって、まさにお薦めの製品となる。

「ラップトップときどきタブレット」として使ってもいいし、外ではタブレットをメインに使い、オフィスや自宅でドッキングしてデスクトップ並の高性能を使い込むのもいいだろう。そうしたヘビーユーザーのために、Surface Book 2は、SurfaceドックやHDMIアダプターなどのアクセサリーも揃えている。13.5インチのPixelSenseディスプレイも充分に高精細だが、より大きな画面でNVIDIAのハイエンドグラフィクス性能を十二分に使いたいという要望にも、Surface Book 2は応えてくれる。

キーワードから記事を探す