ホーム > PC-Webzineアーカイブ > 「Android OS を内蔵し PC レスでデジタルサイネージの運用が可」シャープ インフォメーションディスプレイ

「Android OS を内蔵し PC レスでデジタルサイネージの運用が可」シャープ インフォメーションディスプレイ

「Android OS を内蔵し PC レスでデジタルサイネージの運用が可」シャープ インフォメーションディスプレイ

2017年12月27日更新

Android OSを内蔵しPCレスでデジタルサイネージの運用が可能

インフォメーションディスプレイ シャープ

 オープンプライス

 PCレスでデジタルサイネージの運用が可能な「インフォメーションディスプレイ」を提案する。本製品は、Android OSを搭載したコントローラーを内蔵し、デジタルサイネージソフトウェア「e-Signage Sプレーヤー」をプリインストールしている。そのため外付けのセットトップボックスや面倒な配線が必要なく、本製品単体でのコンテンツ再生が行えることに加え、ネットワーク経由でコンテンツを受信して表示可能だ。小売店や飲食店の店頭など、限られたスペースで柔軟に設置できる製品だ。手軽にデジタルサイネージを運用でき、導入コストも低減できる。

 デジタルサイネージ用モニターの拡張スロットの標準規格「Mini OPS」に対応している。別売の拡張ボードと組み合わせて使用することで機能拡張が可能だ。具体的には、Windows OS用ソフトウェアを利用できるようになる「コントローラーボード」、ワイヤレス接続に対応する「ワイヤレスボード」、遠隔運用が可能な「HDBaseT受信ボード」が用意されているため、環境に合せてカスタマイズ可能だ。

 また、水平上向き設置および水平下向き設置に対応しているため、設置の自由度が高い。ワイヤー吊りにも対応しているため、柔軟な設置により空間演出の幅が広げられる。50Vインチサイズの「PN-B501」と40Vインチの「PN-B401」をラインアップしているため、設置場所に応じたサイズ選択にも対応できる。

キーワードから記事を探す