ホーム > PC-Webzineアーカイブ > Web会議の「困った!」をこの製品が解決!

Web会議の「困った!」をこの製品が解決!

Web会議の「困った!」をこの製品が解決!

2017年04月14日更新

今回のテーマ:Web会議のスムーズなコミュニケーション実現にこの製品をプラス!

テレワークを実践する企業が増加する中、従業員同士や取引先との打ち合わせなどで、Web会議を利用する機会も増えてきている。しかし、Web会議で円滑にコミュニケーションするためには、ノートPC標準の機能では音質や画質に問題がある場合も少なくない。今回はそうしたWeb会議実践の上で抱える課題を解決する製品を紹介する。

テレワークの課題となる会議

国を挙げての働き方改革が推進される中、徐々にITを活用した場所や時間にとらわれない働き方「テレワーク」を実践する企業が増加しつつある。無線LAN環境の整備が進む昨今では、ノートPCやスマートフォンを携帯していればオフィスにいなくても円滑な業務が行えるようになってきていることに加え、通勤時間や交通費の削減、効率的な業務の実現などのメリットが大きいことも、導入が進む背景にある。


しかし、テレワークを行う上での課題もある。それは会議や打ち合わせなど、対面で行う必要のある業務だ。テレワークを実施している従業員自身はノートPCのWebカメラやマイクスピーカーを使用すればWeb会議で打ち合わせに参加できるが、オフィスにいる従業員は複数名が会議室に集まって、該当の従業員とWeb会議通話を行うことになる。その場合、複数名が話していることで相手にクリアな音声が届けられなかったり、互いの顔や身振り手振りが確認できなかったりするケースがあり、円滑なコミュニケーションが実現できないのだ。実際に対面で会話してるときと比較して、スムーズなコミュニケーションができないと感じると、テレワークをやめて直接会議に参加したほうがよいと感じるケースも出てくる。しかし、テレワークの導入は前述した通りメリットが大きく、やめてしまうのはもったいない。課題を解決できる製品を新たに導入した方が、コストメリットが高いケースの方が多いのだ。

音質や画質を改善すればよりスムーズに

そのようなWeb会議の課題は、「Skype for Business」のようなWeb会議ツールに、周辺機器をプラスするだけで解決する。例えば、ノートPCなどに搭載されている標準のマイクスピーカーではスムーズに会話ができない場合は、発言者の声をクリアに集音できるマイクスピーカーを導入するとよい。コミュニケーションの上では、お互いの声が聞こえないことが最もストレスを与える要素になりやすいため、Web会議で使用するマイクスピーカーでは音質にこだわりたいところだ。


また、ノートPC標準のWebカメラでは、通話者の動きがカクカクとしてしまったり、手書きの資料をカメラ越しに見せたときに不鮮明になったりしがちだ。そのような映像に生じる課題を解決するためには、カメラとマイクスピーカーがセットになったオールインワンのWeb会議システムの導入も効果的と言える。また、Web会議でいつも使用する会議室が決まっているのであれば、PCと接続しなくても使用できるWeb会議システムを導入すれば、より手軽にWeb会議をスタートできるようになる。ちょっとした打ち合わせであれば、逐一ノートPCを持ち込んでWeb会議を始めるよりは、軽く声をかけて打ち合わせに誘うような手軽さでWeb会議ができた方が業務効率も向上するだろう。


今回はヤマハ、ロジクール、ポリコムジャパンの製品から、よりWeb会議を便利にする周辺機器を紹介してもらった。

選定ポイント
●ストレスなく会話できるツールって?
●場所を選ばず使えると便利
●PC をわざわざ持ち込むのは面倒

ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカーシステム
分離したマイクとスピーカーがクリアな音質をサポート

YVC-1000
ヤマハ
12万9,600円

対面した会議のような自然な音声でWeb会議が行えるマイクスピーカーシステム「ユニファイドコミュニケーション マイクスピーカーシステム YVC-1000」(以下、YVC-1000)を提案する。


YVC-1000はマイクとスピーカーを独立させた分離型を採用している。分離させたことで、マイクを発言者の近くに設置してクリアな音声を収音しやすくなっている。拡張マイクを最大5個接続でき、参加人数が多い会議や、コの字型レイアウトの会議形態にも柔軟に対応できる。分離したスピーカーはWeb会議の相手を表示させるモニターの前に設置することで、映像と音声の一体感が生まれやすくなる。すでに導入しているWeb会議システムにプラスアルファの周辺機器として導入することで、よりスムーズにWeb会議が行えるようになるのだ。


本製品はマイクで収音した音から人間の声を高い精度で判定する技術「Human Voice Activity Detection」(HVAD)を音声処理に組み込んでおり、音声とノイズをしっかりと仕分けしたクリアな音声コミュニケーションを実現する。具体的には、ノイズを消して声だけを伝える「ノイズリダクション」や、マイクに近い人と遠い人の声量を調整する「オートゲインコントロール」、発話者を自動で追尾する「マイク自動追尾」といったヤマハの音声処理技術にHVADを組み込んでおり、よりスムーズなWeb会議を実現できる。


PCとYVC-1000はUSBケーブルで接続して使用する。またBluetooth接続にも対応しており、Web会議中にインターネット回線に障害が発生した場合でも、YVC-1000とスマートフォンを接続すれば電話回線を用いて会議を続行できるなど、デバイスや会議システムの種類を問わずにフレキシブルな対応が可能なマイクスピーカーシステムだ。

ロジクール カンファレンスカム コネクト CC2000eSV
持ち運びしやすいコンパクト筐体のWeb会議システム

ロジクール
7万5,600円

手軽に持ち運べるポータブルサイズのWeb会議システム「ロジクール カンファレンスカム コネクト CC2000eSV」(以下、CC2000eSV)を提案する。


本製品は、カメラとマイクスピーカーが一体になったオールインワンのWeb会議システムで、USBケーブルでPCと接続するだけでWeb会議ソフトウェアを最大限に有効活用できる。


本体サイズは幅75×奥行き75×高さ304.2mmと片手で持てるコンパクトなサイズで、部屋から部屋への移動が簡単に行える。例えば会議室がすでに会議で埋まっている場合でも、空いている部屋やオフィスの一角などにPCとCC2000eSVを持ち込むことでクオリティの高いWeb会議が実現できるのだ。1?6人の小グループおよびミーティングスペース向けに設計されており、例えば店舗の拠点間で必要とされる店長会議などに導入すれば、一箇所に集まるための交通費の削減に貢献できる。電源ケーブルのほかに、充電式のバッテリーを内蔵しており、最長3時間のビデオ通話が行える。なおスピーカーフォンとして使う場合は最長15時間バッテリーが持続する。


Skype for Business、Cisco Jabber、WebEx、Microsoft Lyncなど、幅広いWeb会議ソフトウェアアプリケーションに対応しており、シームレスな動作が保証されている。


カメラはHD 1080pに対応しており、カメラ越しの人物の表情やとっさに見せたい紙面上の文字までしっかりと伝えられる。本体下部にマイクスピーカーを備えており、360度の集音に対応する。大規模なWeb会議システムの導入には踏み切れないが、より円滑にWeb会議を行いたいと考えている中小企業に最適な製品だ。

Polycom RealPresence Trio
PCレスでスムーズなWeb会議を実現する

ポリコムジャパン
オープンプライス

PCレスでSkype for Businessでの音声およびビデオ会議ができるグループコラボレーション用スマートハブ「Polycom RealPresence Trio」を提案する。前述したSkype for Businessに加えMicrosoft Lync 2013環境をサポートしており、スタンドアローンのクライアントとしてWeb会議を実現できる。


本製品は、本体に約5インチのカラータッチモニターを搭載しており、ユーザーはより直感的に会議をスタートできる。Skype for BusinessによるWeb会議をするためのアカウント認証なども、本タッチモニターで行えるため、例えば会議室などに本製品を設置しておけば、PCがなくてもWeb会議を実現できる。カレンダー機能の統合をサポートしており、ワンタッチ操作で簡単に会議への参加が可能だ。


音声通話する上では、通話相手に声がクリアに聞こえることが非常に重要になるが、会議室でWeb会議を行うとキーボードを打つ音や書類をめくる音などが集音されてしまうため、円滑なコミュニケーションが実現できない場合がある。本製品は周囲で発生する雑音を自動でミュートするポリコムの独自技術「Polycom NoiseBlock」を採用しており、会話の音声が優先的に聞こえるようになっている。クリアな音声で効果的なWeb会議が実現できるのだ。


オプションの「RealPresence Trio Visual+」とWebカメラをセットで導入することでビデオ会議とコンテンツ共有もトータルで実現できる。USBケーブルやBluetoothによる接続に対応しているため、ノートPCやスマートフォンを活用したコンテンツ共有が行いやすい。すでにOffice 365を導入しており、Skype for Businessを活用したWeb会議をより円滑に行いたいユーザーに最適な製品だ。

※価格はすべて税込

キーワードから記事を探す