ホーム > PC-Webzineアーカイブ > よくわかる中小企業がやるべきデータ管理 ~第3回 NASのシステムマイグレーション編~

よくわかる中小企業がやるべきデータ管理 ~第3回 NASのシステムマイグレーション編~

よくわかる中小企業がやるべきデータ管理 ~第3回 NASのシステムマイグレーション編~

2017年01月26日更新

今回実施する作業手順の概要図

第2回のNASの新規導入作業編では、QNAPのNASを使って新規導入の際の初期設定の手順について紹介しました。第3回はNASのシステムマイグレーションと題して、HDDの入れ替えについて手順に沿ってお伝え致します。

システムマイグレーション

古いNAS(左)からHDDを取り出し、新しいNAS(右)にHDDを移し替えます。本記事では分かりやすいように元のHDDのトレイ(黒)をそのまま使用しています。

NASを長く利用していると、HDDの空き容量が不足したり、ユーザーが増えてパフォーマンスが不足したりすることがよくあります。そのような場合は、大容量でスペックの高いNASを追加導入すればいいのですが、これまで使用していたNASの設定情報や保存データを新しいNASに移し替える作業が必要になります。QNAPのNASなら既存のNASに搭載しているHDDを新しいNASに移し替えたり、既存のNASの仕様はそのままHDDだけを大容量のものに交換したりすることで、設定やデータの移行作業を行うことなく容量を拡張できます。
今回は、2ベイのNASに搭載された2TBHDDを4ベイのNASへ移し替え、さらに4TBのHDDに入れ替えを行います。

日置氏●QNAP製品は、NASの設定情報をHDDに保存しているので、HDDを別のNASに移し替えても、元のNASの設定状態で起動できます。NASの買い替えや障害発生でNAS本体を交換するような場合でも、新しいNASでの再設定やデータ移行作業が不要で、NASの移行を簡単に行えます。
新しいNASに、古いNASのHDDを二つ挿入した状態です。名前は古いNASの「TS-251Plus」のままです。

オンラインRAIDレベル移行

新しいNAS(右)に追加で4TBのHDDを二つ挿入します。
新しい4ベイのNASに、従来の2TBのHDDを二つ、新しい4TBのHDDを二つ挿入した状態です。
その後、アプリケーションの「ストレージマネージャ」から「ストレージ領域」、「ストレージプール管理」を選択して開きます。ストレージプールの容量は1.81TBです。
画面下の「ストレージプール1のRAIDグループ」の「管理」をクリックし「移行」を選択します。
二つのHDDによるRAID1から、四つのHDDによるRAID5に移行します。表示されている4TBのHDDを選択し、「適用」をクリックします。
RAIDレベルの移行が完了しました。ストレージプールの容量は1.81TBから5.43TBに増えました。
続いて、ボリュームを拡張します。現在は695.62GBです。
ボリュームのサイズを最大に設定し、695.62GBから4.16TBに拡張しました。

オンラインRAID容量の拡張

ストレージプール1の管理の画面から「容量の拡張」を選択します。
2TBのHDDを4TBのHDDに交換します。HDDの交換は1台ずつ行います。まずはディスク1を交換します。
「新しいドライブを挿入して下さい」とメッセージが表示されるので指示に従います。
RAID の再構築が開始されます。所用時間は約4時間でした。ディスク2もディスク1と同じように交換し、RAIDを再構築します。
NASのHDDをすべて4TBのHDDに交換しました。最後に容量の拡張を実行します。
HDDの入れ替えを行い、ストレージプールの容量を10.89TBに増やせました。
続いて、ボリュームを拡張します。ストレージ領域から「DataVol1」を選択し「管理」をクリックします。
「ボリュームの拡張」をクリックします。
ボリュームサイズを指定します。今回は、最大の8.53TBを指定し「適用」をクリックします。
ボリュームが4.16TBから8.40TBに増えました。
いかがでしたか? 初めてで難しかったかもしれませんが、NASの拡張が無事に終わりましたね。

難しそうなHDDの移し替えやHDDの増設に伴うRAID拡張と再構築ですが、画面に表示される指示に従うだけで、簡単に行えました。また、一連の作業のほとんどはシステム停止なくオンラインの状態で行えました。新規導入と異なるのは作業時間です。今回はRAIDの拡張と、RAIDの再構築を複数回行い、合計で10時間程度かかりました。時間のかかる作業はやかんや休日に実施するのが良いでしょう。
新しいNASを購入して、はじめから設定したり、古いNASからデータを移行したりするのにもかなり時間がかかります。さらにデータ移行に失敗した時の対処法を考えると、HDDをそのまま移し替えられるメリットは非常に大きいです。
3回に渡って、NASの選定や活用方法、新規導入、HDDの入れ替えと増設についてお伝えしてきました。NASは社内で利用しているけれど、情報システム部門しか導入や管理方法を知らないといったケースもあったのではないでしょうか。NASの新規導入や個人で購入を検討している方のお役に立てると嬉しいです。
今回の企画は、フォースメディアに全面協力いただきました。日置さん、ありがとうございました!

これで私もNASの初期設定や容量の拡張ができるようになったので、編集長にNASの購入をお願いしたいと思います! (レビューマガジン社 松尾好江)

キーワードから記事を探す