menu
コンシューマー [ Consumer ]

人工知能で1対1の個別指導を実現する学習塾

人工知能型タブレット教材『Qubena』(キュビナ)COMPASS

[2016.04.22]

一斉学習に限界を感じて人工知能型教材を開発


 教員が多数の生徒に向けて授業を行う一斉学習よりも、生徒の学力などに合わせた個別学習のほうが、学習効果が高いことはよく知られている。例えばタブレットなどのデジタル教材を活用することで、一人ひとりの習熟度に応じた学習が可能になる。


 COMPASSが運営する算数・数学専門の学習塾「Qubena Academy」(キュビナ アカデミー)も、タブレットを活用して個別学習を実施している。しかしQubena Academyには、他の学習塾のタブレット活用とは異なる大きな特長がある。


 それは、人工知能型タブレット教材「Qubena」(キュビナ)を活用した授業を行っている点だ。Qubenaは、各生徒がタブレットに入力する解答や、解答を導いたプロセス、解答までにかかった時間や集中度、理解度などを収集、蓄積、解析して個人に適応させる人工知能型の教材だ。QubenaはAndroidタブレット「Nexus 9」にプリインストールされた状態で、Qubena Academyの生徒に貸与される。生徒はQubena Academyでの授業と自宅学習で、Qubenaを活用して学習を行うのだ。


 Qubena開発の経緯について、COMPASSでCEOを務める神野元基氏は次のように語った。「当社では、社名と同名の学習塾を3年前から運営していました。そこではQubenaを活用した学習ではなく、一般的な一斉学習で指導を行っていましたが、どうしても一方通行の授業になってしまい、集団指導の限界を感じていました。そこで、集団指導の課題を解決するためにQubenaを開発しました」


学習指導はQubenaに任せて講師は生徒を細かく支援


 一方通行型の授業では、カリキュラムについていけない生徒がいても、どこを理解していないのか講師が把握することは難しい。しかし人工知能型教材であるQubenaは、生徒が問題を解くプロセスを分析することで、生徒が理解していない部分を人工知能が判断して、それに対応する問題を出題する。


 「タブレット用のドリル教材の中には、生徒が間違えた問題を分析して、苦手な分野を出題するタイプの製品がありますが、このようなドリル教材は途中計算を見ておらず、最終的な解答で苦手かどうかを判断しています。そのため単元ごとなどの大きなくくりでしか、生徒の苦手を判断できないのです。Qubenaは計算途中の解法も分析するので、どの概念が理解できていないのかをピンポイントで分析できます」と神野氏はQubenaを活用するメリットを語る。


 このように、Qubena Academyでは人工知能教材Qubenaが生徒の先生の代わりとなって指導を行う。そのため、講師が授業を行うことはない。その代わりQubena Academyの講師は、生徒のコーチングを担当するのだという。


 例えば、Qubenaでは生徒の集中度を計測しており、毎回一定の時間を越えると集中力が落ちる生徒に対しては、そこが集中力の限界なので休ませるように「QubenaManager」(キュビナマネージャー)と呼ばれる管理画面から通知される。講師はその通知や、実際に生徒と会話した感触をもとに、一人ひとりに応じたきめ細かなサポートや学習に対する姿勢などの指導を行う。


 「従来、教員は教科を教える"ティーチング"と、対話によって相手の自己実現を図る"コーチング"の双方のスキルが必要とされていました。しかしティーチングをQubenaが担うことで、講師はコーチングのみに集中できます。また、講師一人では見逃してしまう生徒の細かな変化をQubenaが解析して通知することで、細かな部分までコーチングすることが可能になります」と神野氏。


 従来一人前の講師になるためには5~6年が必要といわれていたが、講師に必要なスキルをコーチングのみに絞ることで、この必要な時間が短縮されて3ヶ月から半年ほどの期間で一人前の講師として活躍できるようになる可能性もあるという。神野氏は「そのため、これまで講師になりたくてもなれなかった人が講師として活躍できるのではないかと考えています」と語る。Qubena Academyではこの人工知能が提供するティーチングと、人の講師が提供するコーチングによる相乗効果で、至高の教育体験を提供していくという。


一学期の学習内容をわずか2週間で修了


 実際にQubenaを活用したことで、教育効果はどれくらい向上するのだろうか。Qubena Academy開設のきっかけとなった学習塾COMPASSで、小学6年の児童に中学1年一学期の範囲を学習してもらったところ、わずか2週間で一学期の学習範囲が修了したという。また実際にテストを行ったところ、中学1年生の定期テストの平均点数を上回るという効果が表れた。この高い教育効果について神野氏は「人工知能によってつまずいた分野を即座に学習できたり、自分の学習速度で学べるため、大きな教育効果を得られたのだと思います。また、生徒のつまずきポイントを徹底的に細分化した教材でサポートしているため、きめ細やかに生徒のつまずきに気づき、理解と定着へ誘導できる点も、高い教育効果を実現できる要因だと考えています」と語る。


 すべての生徒に適正教育を届けたいと語る神野氏。現在Qubenaは、他の学習塾にも導入されており、そこでも高い教育効果を上げている。今後は算数・数学のみならず、国語以外の全教科をQubenaで学べるように開発を進めていく方針だ。


 人工知能による生徒の学習指導と、講師よる生徒の意欲関心の向上という双方のサポートで実現する教育は、もしかしたら未来の教育の形の一つとなるのかもしれない。

キーワードから記事を探す

文教