menu
ネタと話題 [ Story and Topics ]

エッジコンピューティングはIoTに不可欠

データ流通基盤に発展しビジネスチャンスあり

[2016.09.21]

クラウドと並ぶ重要分野

 

クラウドコンピューティングの普及と同様にコンピューティングにおける重要なカテゴリーとして「エッジコンピューティング」が注目を集めているようだ。
エッジコンピューティングはIoTデバイスの近くでコンピューティング処理を行うもの。ネットワークのエッジ(末端)のユーザーに近いところでコンピューティング処理を行うことで、データの収集や利用においてリアルタイム性を高める効果が期待できる。
IT専門調査会社のIDC Japanが2016年9月2日に発表した「国内エッジコンピューティング市場の分析結果」によると、IoT時代においてエッジコンピューティングはクラウドコンピューティングと並び重要な役割を担うと予測している。
調査を担当した同社のコミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は「IoTに取り組むベンダーおよびユーザー企業は、エッジコンピューティングが将来データ流通基盤として重要な役割を担うことを認識すべき」と提言する。

エッジコンピューティングのロケーションにおける分類
出所:IDC Japan

用途とロケーションで分類可能

IDC Japanは国内ベンダーのエッジコンピューティングへの取り組みについて広く調査し、その結果、エッジコンピューティングの用途を3つに分類している。まずIoTデバイスで生成された膨大なデータをクラウドに集約せずに、IoTデバイスにより近いところでアナリティクス処理する「アナリティクス志向」。
システム全体(エッジ、クラウド、IoTデバイス)にインテリジェンス機能を分散し、これらを連携させることでシステム全体のコストや負荷を低減させる「システムの機能分散による全体最適化」。
そしてエッジコンピューティングがデータ流通プラットフォームとなり、エッジ間でデータを流通させることで企業や業界の壁を越えてデータを利活用する「異なるエッジ間で連携」だ。
またエッジのロケーションによってオンサイト型と広域ネットワーク内型の2つに分類でき、クラウドコンピューティングと同様にパブリックとプライベート、業界(コミュニティ)型などに分類できるという。(レビューマガジン社 下地孝雄)

キーワードから記事を探す

IoT