menu
文教/公共 [ Educational / public ]

ITを活用した効果的な授業をICT支援員がサポート ~目黒区立第一中学校~

教育現場のIT化を進める上で焦点となるのは、教員が授業にIT機器を取り込んでいけるかどうかだ。教員はIT機器の専門家ではないため、外部のICT支援員などが教員のサポートを行うことで、教員はより効果的な授業を行えるようになる。昨年の4月からITを活用した授業の実証研究を実施している目黒区立第一中学校では、IT環境の整備とともにICT支援員を活用して授業を進めていた。

[2016.04.02]

IT機器を活用した授業案を支援員が提案


 IT機器を導入して授業を行うことによる学習効果の高さは、いくつかの実証研究の事例によってすでに知られている。例えばタブレットを導入したことで、生徒が授業に積極的に取り組むようになったり、理解が深まったりするのだ。子供たちは、すでに日常的にスマートフォンやタブレットなどのIT機器に親しむデジタルネイティブ世代のため、授業にIT機器を導入しても違和感なく学習を進められる。しかし半面、幼いころから身の回りにIT機器があった現在の小中学生と比較すると、教員はIT機器に不慣れなケースが多い。そのため、学校現場にIT機器を導入することに抵抗を感じたり、導入しても授業で使いこなせない課題がある。教育現場のIT化を推進していくためには、教員に対してのサポートが不可欠だ。


 目黒区立第一中学校は、2014年4月から企業3社と協働でITを活用した授業の効果を検証する実証研究を行っている。NECがタブレットとしても利用できるデタッチャブルPC(以下、タブレットPC)や電子黒板など校内のハードウェア環境を提供。NTT東日本が光回線による高速インターネット環境と、教員の授業案や計画作りの支援を担当。日本マイクロソフトは支援企業の取りまとめと各種ソフトウェアを授業で活用するための教員研修を実施した。


 目黒区立第一中学校の実証研究のバックアップを行う目黒区教育委員会 教育指導課 指導主事の寺尾千英氏は、同校で実施されたIT機器を活用した授業を次のように語る。「IT機器は各教科で使用していました。例えば社会科では、『日本の近郊農業の課題』について、三鷹の農園の人とビデオ会議で話し合いを行い、課題を解決するための方法をグループごとにプレゼンテーションしました。社会科以外にも数学や理科、保健体育でも活用しました。実証研究で導入したタブレットPCが70台だったため、IT機器を活用した方が学習効果が見込める単元で、IT機器を活用した授業を行いました」


 しかし、授業を進める上での課題もあった。教員が導入したタブレットPCなどの操作に不慣れであった点だ。「研修はありましたが、それだけで操作方法や授業への活用が習得できるわけではありません。授業で使いながら慣れていったようです」と寺尾氏は話す。同校は実証研究を開始する以前から、各教室にプロジェクターや書画カメラを設置していた。そのためIT機器に特別抵抗感がある教員はいなかったが、それでも従来使用していない機器を授業に取り入れるのは時間がかかったようだ。


 慣れないタブレットPCを授業に取り入れる際、授業に適したソフトウェアや教材の作り方を提案したのが、NTT東日本のICT支援員だったという。寺尾氏は「ICT支援員は、教員が授業で実現したいことを聞き、その方法をアドバイスしてくれました。教材の作り方や、ITを活用した授業の見せ方などの指導があったことで、教員の負担が軽減されたようです」と話す。またNECのICT支援員は、ハードウェア製品のメンテナンスなどでサポートを行った。「例えばWindows OSのアップデートが授業中にかかってしまうと、そこで授業がストップしてしまいます。アップデートが均一にかかっているか確認したり、コントロールしたりといったサポートによって、教員の管理負担が大幅に低減されました」(寺尾氏)


生徒の主体性で下位層の学力を向上させる


 ICT支援員のサポートと、教員の充実した授業内容によって、実際に生徒の学力は向上したという。「特に下位層の学力の生徒が、主体的に授業に取り組むようになりました。成績表のABC評価を見ても、従来C層にいた生徒がB層になるなど学力の向上が見られます。一昔前だと、タブレットPCのような新しい端末の物珍しさから、一時的に興味や関心が高まっているだけだという指摘がありましたが、現在の生徒は自宅でタブレットやスマートフォンを使いこなす世代です。むしろタブレットPCによって意見のやりとりを行うスタイルの授業が成立しやすくなったことで、自分の意見を構築する必要性が増え、自然に勉強をするようになったのではないかと考えています」と寺尾氏は話す。


 今回の実証研究の正式な学力調査については、今年の4月に実施する。それらの結果を取りまとめた学力の調査報告を8月に行うという。「当初の予定では2014年度いっぱいで実証研究は終了する予定でしたが、学力調査の時期が年度をまたぐこともあり、もう1年延長してITを活用した授業を実施します。来年度の3月末には、今回の実証研究の調査報告を行う予定です」(寺尾氏)


 目黒区立第一中学校の実証研究からわかることは、日常的にプロジェクターなどのIT機器を利用している教員であっても、タブレットの操作に慣れるには時間がかかるということだ。また、授業に活用できる授業支援ソフトの存在も把握していないケースが多く、IT機器の効果を十分に活用できない可能性もある。しかし、ICT支援員によるサポートがあれば、より生徒の学力を効果的に向上できる授業を行える可能性が高い。教育現場のIT化を進めるためには、教員をサポートするICT支援員は不可欠な存在であるといえるだろう。

キーワードから記事を探す

事例 文教